仕事を辞めたい理由ランキングとは?

仕事を辞めたい理由−ランキング

仕事を辞めたい理由は、「タテマエ・会社へ申し出る理由」と、「ホンネ・自分が不満に思っている理由」で、異なる事も多いです。

 

タテマエ上、仕事を辞めたい理由のランキングは、

 

1位:キャリアアップの為
2位:家庭の事情
3位:自分自身が体調を崩した

などです。

 

辞めたい本音ランキング

自己都合の為、退職というのがほとんどですから、ある程度タテマエを申し出るでしょう。

 

一方で、辞めたいホンネランキングは、

 

1位:上司との人間関係にストレスを感じる
2位:給料に不満がある
3位:残業が多く、労働環境が悪い

など、会社、または労働環境への不満、給料や待遇への不満がメインです。

 

転職する際には、この仕事を辞めたい理由の「ホンネ」ランキングの方を良く注意して転職先を探さないといけません。

 

辞めたい理由を分析して転職先探し

実際に会社を辞めたいと漠然と思っている人は、人間関係が嫌になったなどの場合が多いです。ただ、上司や部下等の人間関係におけるストレスから、仕事を辞めたいという場合、転職先でも、同じような人間関係ストレスはあり得ることを予測しておきましょう。

 

人間関係が仕事辞めたいランキングに入っている時点で、ほとんどの職場では人間関係のいざこざがあるという事です。転職先に、同じような職種、同じような部課制度を取っている企業を選ぶと、上司からの圧力や、人間関係で同じような問題を抱える事になります。

 

一般の社員から、課長、部長クラスまで、意見が言えるような会社を、風通しの良い職場とよく言います。そのような風通しの良い職場で、ある程度フランクに上司とも付き合えるような社風の会社を探すのが失敗しない方法です。

 

また、辞めたい理由ランキングを見ても、多いのが、残業が多い、休日出勤が多い等、労働環境への不満です。転職を考える際には、転職サイト等で、良く採用条件を見ておきましょう。

 

また、残業などが続く事に負担を感じる人は、転職エージェント等、企業の情報に詳しい人からアドバイスをもらうのが良い方法です。よく転職先の情報を調べてから転職しないと、思っていたより重労働だったとか、長時間労働だったという事が起こりかねません。

 

転職して後悔しない為に

実際には、漠然とした理由で転職をしてしまうと、後悔する事が多いです。転職をする場合には、慎重に、仕事を続けながら転職サイト等でじっくり転職先を探すのが賢明です。

 

自分のやりたかった仕事が本当にある場合、つまりキャリアアップなどでの転職でしたら、自分が資格や技能を身につけてからの転職でも遅くありません。転職先企業の、採用担当者には、現在の職場で、ある程度活躍している方が、転職先でも活躍できる人材とらえられます。

 

転職先の人間関係なども良く調べてから転職しましょう。前の会社より、待遇も労働条件も悪くなったというのでは困ります。キャリアアップの為の転職でしたら、給与面は多少譲歩するとか、ストレスのない分、体力を使うとか、自分の中で、譲歩しても良い条件を一つ決めておくと、転職活動が比較的スムーズに行きます。
全てを満足するような会社というのはなかなかありません。

 

条件の優先順位を決めて、自分の希望の仕事で転職を成功させましょう

 

仕事辞めたい