【パートの方必見!】仕事を辞めたい時の賢い理由の作り方

仕事を辞めたいパート

働き方は人によって違います。正社員で働く人もいれば、パートとして働く人もいますよね。雇用形態の違いはあるかもしれませんが、どの雇用形態であれ、仕事辞めたいと考えることがあると思います。

 

特に、パートの人は、今の職場より良い条件があれば、今の仕事を辞めたいと考えることもあると思います。正社員に比べて、パートは辞めやすいという印象があると思いますが、理由によっては退職を引き留められる可能性もあります。

 

今回は、パートの方が仕事を辞めたいときに、スムーズに辞められる可能性が高い理由をいくつか紹介したいと思います。パートの方だけでなく、正社員として働いている方でも使える理由がありますので、仕事を辞めたいと考えている方は、参考にしてみてください。

 

環境の変化を理由で辞める!

仕事を辞めたいと考えている方が仕事を辞めやすい理由として、おススメなのが、環境の変化を理由にすることです。特に、家庭環境の変化は、仕事を辞めたい方にとって、理由にしやすいのではないかと思います。

 

雇用形態に関係なく使える理由は「身内の世話」です。親の介護や子供の世話を理由にすることで、退職を引き留められる可能性が低くなります。

 

また、パートの方は、引っ越しを理由にすることも可能です。既婚者であれば、配偶者の転勤を理由にするのも良いと思います。正社員の方は、勝手に引っ越しをするということは、社会人として許されないことが多いので、使用しない方が良いでしょう。

 

体調不良が理由で辞める!

パートの方が仕事を辞めたいと考えたときに使える理由として、体調不良もあります。体調不良を理由にする場合は、会社側に「長期の通院が必要になった」と伝えると、スムーズに辞められる可能性が高くなります。

 

ポイントとしては、一度医療機関で受診したということを嘘でも良いので会社側に伝えてください。医療機関の診断を受けていないのに体調不良を理由にしても説得力がないので、退職を引き留められる可能性があります。

 

キャリアアップや自分の夢を理由にして辞める!

パートの方が仕事を辞めたいときは「資格の習得」や「自分の夢」を理由としても良いです。資格の習得は、キャリアアップが目的なので、会社側は退職を引き留め難くなります。

 

注意点ですが、「資格の習得を目指して勉強しているから、仕事を辞めたい」と言うのは控えましょう。勉強しながら働けないのかと打診される可能性があり、退職を引き留められる可能性があります。

 

また、自分の夢を理由にする場合は、パートの方だけでなく、正社員の方も使用できる理由になります。夢の実現に向けて努力している人を引き留めるのは、中々難しいので、退職できる可能性が高くなります。

 

正社員として働くことを理由で辞める!

パートの方が仕事を辞めたいときは、正社員として働くことを理由にすると、仕事を辞めやすいことが多いです。一般的な考えでは、パートより正社員で働く方が良いと考えられていますので、スムーズに退職できる可能性があります。

 

注意点は、現在パートとして働いている会社に、正社員としての登用制度がないことが条件になります。正社員としての登用制度がある場合は、正社員として働くことを打診される可能性があります。正社員として働くことを理由にしていますので、断る理由がなくなってしまうので、仕事を辞め難くなってしまいます。

 

まとめ

パートの方が仕事を辞めたいときに使用できる理由をいくつか紹介しました。パートの方は、正社員より仕事を辞めやすいですが、パートの方でも、会社として戦力になる人は退職を引き留められる可能性があります。仕事を辞めたいときは、現状では仕事を続けることができないという理由を作ることが、ポイントとなります。

 

また、仕事を辞めたいと考えたときは、余裕を持って会社側に意思を伝えるようにしてください。退職する理由も重要ですが、仕事の引き継ぎなどをしっかり行う期間を準備することは、仕事を辞めやすくする条件になります。

 

仕事辞めたい