【緊急】仕事を辞めたいなら、うつ病になる前にすべき3つの理由!

仕事を辞めたい時のうつ病

仕事辞めたいと思っていても、中々辞められないという方は多いのではないでしょうか。仕事を辞めたいと思いながら仕事をするのは、ストレスが溜まります。最悪の場合、うつ病などの精神的な病を患ってしまう可能性もあります。

 

うつ病になる危険性がある場合は、思い切って仕事を辞めた方が良いと言われています。今回は、仕事を辞めたいと思っている方が、うつ病になってしまう前に辞めた方が良いという理由を紹介していきます。

 

うつ病になる前にうつ病の前兆を覚えておこう!

まずは、うつ病になる兆候をいくつか紹介していきます。仕事を辞めたいと思っている方で、これから紹介する兆候が見られている方は、一度カウンセリングなどを受けてみてください。自分で判断するのは一番危険ですので、専門機関でしっかりと症状を把握してもらってください。

 

うつ病の兆候ですが、仕事関係では「仕事でミスが増えてきた」「責任から逃れたくなる」「会社で遅刻が増える」「会社で欠席が増える」などがあります。この他に「中々寝付けない」「疲れが取れない」などもうつ病の兆候と言われています。

 

また、仕事を辞めたいと考えること自体が、うつ病の兆候に当てはまってしまいます。仕事を辞めたい理由にもよりますが、特に、人間関係が理由で仕事を辞めたいと思っている方は、注意してください。

 

自分の身は自分で守らなくてはいけない!

仕事を辞めたいと思っている方で、うつ病の兆候が見られている方に覚えておいて欲しいことは「自分の身は自分で守る」ということです。会社が守ってくれると思っている方は、注意してください。基本的に、会社は何もしてくれません。

 

仕事を辞めたいと思っていながら仕事を継続して、うつ病になってしまうと、会社は休職を受け入れてくれるだけです。その後の社会復帰や現場復帰に関しては、全て本人の責任になってしまいます。

 

また、うつ病になってしまうと、治療のために長期間費やさなければいけません。うつ病の症状が良くなったとしても、問題なく復帰できる保証もありませんので、仕事を辞めたいと悩んでいる方は、うつ病になる前に仕事を辞めた方が建設的ということになります。

 

うつ病になってしまっては、仕事復帰が難しくなる!

仕事を辞めたいと思っている方が、うつ病になる前に仕事を辞めた方が良い一番の理由だと考えられるのは、仕事への復帰が難しいということです。うつ病になってしまい、休職をしたとしても、仕事に復帰できる方は意外と少ないです。

 

うつ病の症状を改善するには、長期間の休息が必要になります。長期の休職で仕事に復帰したとしても、会社に自分の居場所がなくなっていることも多くないそうです。

 

また、うつ病になった原因が根本的に取り除かれている訳ではありませんので、うつ病が再発してしまう可能性も高いです。うつ病が再発してしまうと、再度休職して治療しなくてはいけません。結果的に、会社を退職してしまうケースも多くあります。

 

休職経験があると転職が困難になる!

うつ病になる可能性があり、仕事を辞めたいと思っている方は、早めに転職を考えることをおススメします。理由は、うつ病になってしまい、休職した場合は、転職に影響する可能性があるからです。

 

転職先の企業によっては、休職などの経験を問われることもあります。企業側は、休職経験のある人材を好みません。したがって、うつ病になってしまってから転職を考えるより、早い段階で転職を考えた方が、圧倒的に転職できる可能性が高くなります。

 

また、転職によって職場の環境を変えることで、うつ病の兆候が改善さる可能性もあります。先を見据えるのであれば、仕事を辞めたいと思ったら、転職する決断をするのも良いのではないでしょうか。

 

まとめ

仕事を辞めたいと思う理由は人によって違いますが、人間関係が理由の場合は、うつ病になってしまう可能性が高くなります。また、人間関係が理由の場合は、うつ病になってしまい休職したとしても、改善される可能性は低いです。

 

うつ病になってしまってからでは、うつ病の症状が改善した後も苦労してしまう可能性が高くなりますので、注意が必要になります。仕事を辞めたいと悩んでいる方は、転職を考えてみても良いのではないでしょうか。

 

仕事辞めたい