仕事辞めたいと思ったのが3 ヶ月?それでも新しいキャリアを歩む方法

仕事辞めたい3ヶ月

3ヶ月という短い期間であっても、会社の内情や仕事環境についてぐらいなら把握する事が簡単でしょう。その中では当然「仕事が辛い」、「仕事を辞めたい」という感情が湧くのは特に不思議な事ではありません。

 

3ヶ月で仕事を辞めたいと思った、それはそう恥じる事ではありません。むしろ、今後の自分のキャリア形成を考える重要な分岐点になる可能性が高いのです。これを機会にしっかりと自分を見つめ直し、3ヶ月後の人生の向き合い方をじっくり考えていきましょう。

 

今回は、そんなキャリア形成に役立つ方法を3つの観点から探っていきたいと思います。

 

3ヶ月でも大丈夫。これからのキャリアには心の持ちようが肝心

3ヶ月という短期間に限らず、人が仕事を辞めたいと思うのはどんな時なのでしょう?

 

現在の若い人の「仕事を辞めたい理由」に焦点を絞ると、ある共通点が見えてきます。仕事を辞めたい理由に多いのが、

 

「今後のキャリア成長に臨みが無い」
「思っていた仕事内容と異なった」
「企業の方針や体制が自分には合わない」

 

上記の3つが代表的です。ここでは「人間関係の悩みから仕事を辞めたい」という理由は意外と少数派なのですね。つまり、現在の若い人は、今後の自分のキャリア形成に不安を抱いている。これは裏返すと、将来に対して真剣に悩み、考えている証拠でもあります。これは素晴らしい事です。

 

3ヶ月という短期間でも、キャリア成長に臨み薄、環境や仕事内容が少し違う、自分には合わないぐらいは分かるものです。そして、それに気づき行動が出来る人は、必ず年齢を重ねた後に良い結果として返ってきます。

 

3ヶ月で会社を辞めても大丈夫なのです。むしろ、「会社を辞めたい」という気持ちは、「もっと良い環境へ」と望む気持ちの裏返しでもあります。あなたは将来に対して希望を持っている。そして将来に対して真剣に考えているのです。卑屈になる必要はありません。悩む環境があればあるほど人は成長できます。あなたは既に成長できる環境に恵まれています。

 

3ヶ月で仕事を辞めたい。転職への可能性

物事にはメリットとデメリットがあります。仕事から3ヶ月で辞めたい、この3か月という数字にも裏表があるのです。

 

3ヶ月で会社を辞めるという事は、どうしても「忍耐力がない」と見られてしまいます。反面、第二新卒で転職ができるというメリットもあります。第二新卒はほとんど新卒と同じ扱いで、実績にも左右されない、つまり就職よりも難しいとされる転職市場でのハードルが下がります。

 

しかし3ヶ月や半年、1年という短期間で転職を繰り返すのはご法度です。転職先での面接では必ず「前の仕事を辞めたいと思った理由は?」と問われるでしょう。短期間で仕事を転々としていると答えにくくなってきます。いやが上にも、あなたの年齢は進んでいきます。3ヶ月で仕事を辞めてからの転職のメリットは若い内だけに与えれるものだと意識しておくことが必要です。

 

3ヶ月という期間を活かす、むしろ吹っ切れてみる

これは少し極端ですが、3ヶ月という短期に絞れば、様々な仕事を経験できます。もちろん正規社員では入退社に問題が生じ、方法論として破局していますが、バイトやパート、派遣を活用してみるというのも一つの方法です。

 

もし仕事を辞めたい理由が上記で紹介した自分のキャリアプランに関係することなら、自分のやりたい事を探してもがいている可能性は非常に高いでしょう。これは自分探しの旅に似ていますね。しかし、就職するとやはり3ヶ月で辞めるのは自分のキャリアに傷が付く。それならば、バイトや派遣を活用して、いっそ色んな仕事や人を見て自分を形付ければ良いのです。流動的な雇用形態を利用してみるのですね。

 

ここで注意すべきは、期間を限定して行う事です。1年なら1年、2年なら2年と区切りを付けましょう。そうしなければ一生非正規のまま人生を終える事にもなりかねません。仮に1年なら、3ヶ月で職を変えるとして、合計4つの仕事を経験できます。

 

またしっかりと目標を立てて行う事。目標を立てないと3ヶ月も経たずに「辞めたい」という気持ちが先行してしまいます。自分に合った仕事を見つける、修行のつもりでやってみると良いでしょう。若い内だからこそ出来るチャレンジです。

 

3ヶ月で辞めず継続する秘訣、自分の好きな事で副業をする

この方法は、3ヶ月で仕事を辞めたい場合でも、もうしばらくその仕事を続けていく事ができるやり方です。

 

誰しも趣味や好きな事を持っているはずです。あなたもそうでしょう。そしてそれを副業として、趣味から仕事にできる方法はないか考えてみましょう。現在はインターネットを使って動画を上げたり、文章を書いたり様々な事を個人でもできる時代になりました。

 

もちろん収入を得る事無く、趣味の範疇で行うのも良いでしょう。けれど、目に見える数字がある方が実績にもなるし、自分の価値基準も分かりやすくなるメリットがあります。

 

更に副業をする事で、現在の仕事以外にやりがいが生まれます。やりがいややる気はどんどん派生していくので、本業の方にもモチベーション向上という副作用が生まれやすいのですね。

 

しかし、本業に支障が出たり、無理をして体を壊してしまう事になれば本末転倒ですし、心身の不健康がたたって「仕事が辞めたい」思いに至れば元の木阿弥になります。副業を行う場合は、本業とのバランスを考慮する事が非常に重要です。

 

仕事辞めたい