仕事を辞めたい時が入社して半年でも構わない!その理由とは?

仕事を辞めたい半年

半年で仕事を辞めたいと思う事は、2年や3年が基準となる第二新卒を基準にしても早い部類に入るでしょう。そして巷では、半年という短期間だけでに焦点を当てて、「半年で仕事を辞めるなんて甘い」、「そこで仕事を辞めてしまったら後々後悔するぞ」という意見が大半を占めています。

 

しかし本当に2年や3年、あるいはそれ以上同じ会社にいて得られる物は、半年という短期間で仕事を辞めてしまって得られる物よりも大きいでしょうか。

 

今回は、世間の声には少し反発する結果にはなりますが、あえて半年で仕事を辞めるメリットについて解説していきたいと思います。

 

もやもやした気持ちで長く働く意義があるのか?

仕事を辞めたいと思い立った時、人には数種類の選択肢が与えられます。

 

その会社に留まって仕事を続けるのか?
仕事を辞めて、新しい環境に飛び込んでみるのか?
雇用形態を変えて働いてみるのか?
会社に縛られず社会に自分の価値を見出すのか?

 

他にも色々とあるでしょう。現在の世の中では、正規の社員でサラリーマンを続けるだけでなく、バイトやパート、派遣もある。起業する事もできる。インターネットを駆使して個人の事業を起こす事もできる。選択肢が豊富と言えます。

 

半年という期間に限らず、仕事を辞めたいという場合、これらの壁にぶつかるでしょう。そしてもがき苦しみ、大いに悩むはずです。

 

しかし、その悩むという行為は決して恥ずべきことではない、むしろ自分を誇っても良い成長には欠かせない行為と言えます。

 

ここで一点質問です。

 

「あなたは就職する時、自分の長い将来を考えて悩んで悩み抜きましたか?」

 

おそらく答えは「いいえ」でしょう。もしこの答えに自信を持って「はい」と答えられるならば、半年で仕事を辞めたい思いには駆られなかったはずです。そして、半年で仕事を辞めたいという思いに至らなかった人も、この質問に「いいえ」と答えた場合、もやもやした気持ちで働いていることでしょう。「自分の本当にやりたかった仕事とは、今の会社で行っている仕事なのか?」と。

 

もやもやした気持ちで働いていると、例え半年で辞めたい気持ちが起こらなくても、1年、2年と時間が経過するに従い、いづれ「仕事が辞めたい」と思うようになってきます。そんな気持ちで働いていて自分の成長になる物が果たして得られるのでしょうか。

 

悩み苦しんで最良の結果を導く事で人生の道が見えてくる

人生は神や自然が与えてくれるものではありません。自分で考え、最適な答えを見つけ、その答えを求めるために行動して始めて得られるものです。人生の道は自分でこつこつと作り出していくものなのです。

 

しかし、この考えるという行為を人間はおろそかにしがちです。大学で専攻していた学部だから、専門学校で学んだから、と流れに身を任せ、そのまま就職しようとします。自然の流れに沿って人生を進めるのは最初は楽ですが、後々気づくことになります。「私の人生はこれで良かったのか?」と。

 

半年で仕事を辞めたいというのは精神論で否定的に捉えられがちですが、実は人生において非常に良い機会となるのです。転職するにしても、起業するにしても、バイトや派遣に移るとしても、その時は必ず自分を見つめ直さなければなりません。人間は人の事をよく見るけれど、自分の事は中々見ようとしません。自分を見つめる事は当然、良い部分の他に悪い部分も発見し、それを肯定する恐怖に襲われます。

 

人間なんだから悪い部分があっても良いじゃないか

自分の悪い部分を素直に受け止めるのは勇気がいります。しかし誰だって超人や怪物として生きているわけではないし、自分だって同じ人間でしょう。当然良い部分があれば、悪い部分もあるし、それが人間という存在なのです。

 

半年で仕事を辞めるという事にも当てはまります。半年で仕事を辞めたいという思いは、一方では忍耐力が弱いというデメリットがありますが、もう一方では将来に対して真剣に考えようとする気概や行動力に優れ、おかしい事におかしいと思える思考力の高さがあるのです。

 

自分を見つめ直す事で悪い部分も見えてきますが、同時に良い部分も見えてくる。分析が出来れば、次に自分の取るべき行動、より自分らしい生き方が分かります。良い部分は思い切り伸ばし、悪い部分は出来るだけ良い方向に近付けていけば良いのです。そして自分のやりたい事も徐々に分かってきます。やりたい事が見つかれば将来を考える事がますます楽しくなります。行動もすぐに起こせるでしょう。

 

半年という期間に悩みすぎる必要はありません。自分を見つめ直すのは早ければ早いほど良いでしょう。深く悩み考える答えを出す事で、仕事を辞めたいという悩みも、新しいチャレンジがしたいという希望に変わります。

 

仕事辞めたい