仕事を辞めたいのが3年目であっても問題ない!20代のための転職術

仕事を辞めたい3年目

仕事を辞めたい。そんな感覚に陥るのは入社早々に多い事です。そして以外にも多いのが入社してから3年目。なぜ人は仕事の3年目に仕事を辞めたいと思うのでしょう?

 

今回は20代の転職という事に主眼を置き、3年目からのキャリアプランについて考えていきたいと思います。

 

仕事を始めて3年目が一つ目の壁にあたる時期

「仕事を辞めるなら最低でも3年は続けなさい。」
「仕事は3年目から楽しくなる。」

 

実はキャリアプランにおいて、3という数字に関連する話題はたくさん存在します。なぜでしょう。

 

これは、ある仕事を始めて深い技能や知識を習得し、一人前になるまでの期間と関係しています。もちろんこれは主観的で、人によっても差はありますが、3年目という数字は仕事をする上で非常に意味のあるものなのですね。

 

そして3年経つとある壁にぶち当たるのです。そう、慢性と倦怠です。3年も仕事を続けていると、業務内容もルーチン化し、最も効率的な方法で仕事をこなそうとします。すると人間は不思議なもので、いつも同じ事をしていると途端に嫌気がさしてくるのです。これは「仕事を辞めたい」という思いにまで発展する中々深刻な事態なのです。

 

その後に仕事の内容が発展してこの先が楽しみ、という場合は別として、今後の展望が見えない場合、辞めたいという気持ちが強くなるのも自然でしょう。この3年目は自分のキャリアを決める分水嶺となるのですが、先の見通しが立たず不安になる気持ちも分かります。

 

転職するには、まずは自分のやりたい事を考える

3年目になって仕事が辞めたいと思った場合、転職をするのも一つの方法です。違う環境、職場、組織に入れば、当然違う物が見えてきて自分の経験になるでしょう。しかし、転職をするには、その前にじっくりと考えなければならない事があります。

 

それが、「自分はいったい何がしたいのか」という事です。

 

今行っている仕事でもともとの目標はなんだったのでしょう?そして仕事を始めて3年、あなたの目標は達成できましたか?

 

この問いに自信を持って「達成できた」という方は転職をしても良いと思います。また、別の仕事に挑戦したいという方も転職をして成功を収める事が出来るでしょう。なぜなら、辞めたいという理由が前向きでチャレンジ精神に溢れています。次に自分のやりたい事もすぐに見つかります。

 

しかし、何かに不満や不平があって、それを「仕事を辞めたい理由」にしている場合は注意が必要です。また現在の仕事で目標を達成できないまま転職を行う事も危険です。自分のやりたい事、目標を見失ったまま仕事を変えても、やはりまた次の仕事で不平や不満が積み重なり、「仕事を辞めたい」→「転職」の悪い転職スパイラルにはまります。

 

3年目で転職をするには、まず仕事を辞めたい理由を把握し、そして目標と方向性を定める事が肝要です。

 

新入社員から3年目までに学んだ謙虚な姿勢を忘れないこと

あなたには仕事を行ってから3年目という実績が既に蓄積されています。仕事を辞めたいという理由で転職をする場合、この実績に捉われない事が大切です。

 

転職した先には、当然あなたより年下、仕事の経験も薄い人がたくさんいるでしょう。しかし、新しい職場では前職の3年という実績は全く関係ありません。むしろ、あなたは新しい会社では新入社員なのです。これを間違えると、新しい仕事に対しても驕りが発生してしまうので注意が必要です。

 

前の仕事での3年という実績はとりあえず心の片隅に置いておいて、どんな人からでも謙虚に学ぶ姿勢、これが欠かせません。新入社員から3年目という期間は誰に対しても敬語で接し、必死で仕事を覚えてきた事を思い出してください。転職後の初めの期間でもこの姿勢がとても大切になります。

 

あなたの3年間努力してきた結晶は、知識や技術として感覚的に発揮されるでしょう。だから、驕り高ぶって、それをわざわざ表に出す必要はないのです。

 

新たな仕事では、また新しい目標を定めましょう。そして今度ははっきりとイメージできるはずです。新しい環境での3年目の自分の姿が。その3年目に、また自分が「仕事を辞めたい」と思っているかどうか、これはこの時点での目標の定め方にかかってきます。

 

仕事辞めたい