仕事を辞めたい40 代、辞めてどうするの?考えておきたい退職と今後

仕事を辞めたい40代

日本の社会では一般的に、転職は35歳までがボーダーラインと言われることが多いです。しかし、40代になってから仕事辞めたいと考える人もいると思います。40代だからと言って、仕事を辞めたいと考えてはダメというわけではありません。

 

確かに、20代の方や30代前半の方より転職が難しいのは事実です。だからこそ、40代の転職は、考えておかなければいけないことが多くあります。今回は、40代で仕事を辞めたいときに考えたいことをまとめていきたいと思います。

 

仕事を辞めたい理由は明確にしましょう

40代で仕事を辞めたいと思ったときは、仕事を辞めたい理由を明確にする必要があります。企業側にとって、40代の転職希望者には年収面などを考慮するので、即戦力や管理職として採用しようと考えます。

 

当然、40代で転職する場合は、求められるスキルや職歴のハードルが高くなるので、安易な理由で転職を考えるのは避けた方が良いと思います。また、20代や30代前半の転職に比べて競争率が高くなるので、40代で転職する場合は、ある程度の覚悟が必要になります。

 

例えば、仕事を辞めたい理由として、人間関係(パワハラなどは別問題です)が上手くいかないというのがあります。20代のときに上記の理由で仕事を辞めたいと考えるのは良いと思いますが、40代では、リスクの方が高くなります。

 

40代で仕事を辞めても良いと思える理由としては「精神的に病んでしまいそう」「独立を考えている」「会社が倒産しそう」「現状より収入UPが見込めなさそう」などがあると思います。自分ではどうすることもできない場合は、辞めた後のこともしっかりと考えた上で、仕事を辞めても良いかもしれません。

 

仕事を辞める目的を明確にしましょう

40代で仕事を辞めるときは、仕事を辞めたい理由も大切ですが、仕事を辞める目的が最も重要になります。目的が明確になっていなければ、仕事を辞めた後に苦労してしまいます。

 

まず、仕事を辞めた後に「転職する」のか「自営する」のかを決めておきましょう。転職と自営では、仕事を辞めた後に行うことや事前準備が大きく変わってきます。

 

また、40代で転職する場合は、転職する目的を明確にしておくことも大切です。例えば、年収UPや労働条件の改善を目的に転職するのなら、希望年収や労働条件を決めておく方が良い場合が多いです。

 

退職後に転職活動できる期間を考えておきましょう

40代で仕事を辞めたいと思ったときは、転職活動に費やすことができる期間を予め考えておきましょう。経済的状況や生活環境などを総合的に考えて、転職活動できる期間を考えることをおススメします。

 

転職活動をすることができる期間が全くないのでは、仕事を辞めた意味が無くなってしまいます。漠然とした期間ではなく、明確な期間をしっかりと決めておいてください。

 

配偶者などの同居人がいる場合は、転職を考えていることを相談しておくのも良いと思います。転職活動できる期間を決めておくことで、転職活動が無駄に長引くことを回避できる可能性が高くなります。

 

退職後の収入源を考えましょう

仕事を辞めた後の収入源を考えることも必要です。仕事を辞めた後は、国民年金・国民健康保険・税金の支払いが発生してきます。国民健康保険・税金は前年度の年収によって算出されますので、事前に確認しておくと良いと思います。

 

また、40代で仕事を辞めた場合は、転職活動が予定より長引いてしまうことも考えられます。転職活動が長引いたからといって、転職活動をやめるわけにはいきませんので、退職後はある程度の収入源を考えておく必要があります。

 

まとめ

40代で仕事を辞めたいと思ったときに、転職することを考えるのは、中々難しいかもしれません。しかし、「仕事を辞めたい理由や目的」「仕事を辞めた後のプラン」を明確にすることで、40代でも転職が成功する確率を上げることができると思います。

 

また、周りに相談できる人がいる方は、一度仕事を辞めたいという考えを相談してみるのも良いかもしれません。周りの人の助力を得ることができれば、転職が成功する確率はさらに高くなる可能性があります。

 

仕事辞めたい