仕事を辞めたいなら2年目に辞めてもOK!20代転職の「得」と「損」

仕事を辞めたい2年目

大学を卒業して、新卒として企業に入社してから2年目で仕事を辞めたいと思い、迷われている方も多いのではないでしょうか。実は、2年目で仕事辞めたいと思う方は意外と多いそうです。入社2年目で仕事を辞めた方は、第二新卒と呼ばれ、企業に人気があるという話もあります。

 

また、入社2年目に限らず、20代で今の仕事を辞めたいと思う方も多いそうです。今回は、入社2年目で仕事を辞めたいと思っている方や、20代で仕事を辞めたいと思っている方に役立つ情報を紹介していきたいと思います。

 

2年目で仕事を辞めるのは問題ない!その理由は?

新卒として就職したのは良いけど、実際に仕事してみると、自分の思っていた仕事と違うということがあると思います。1年目は我慢したけど、2年目で仕事を辞めたいと思う方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、いざ仕事を辞めたいと考えた時、2年目で辞めても大丈夫なのか不安になりますよね?実は、第二新卒は企業に人気が高いので、転職しやすいと言われています。その理由を説明したいと思います。

 

第二新卒が転職しやすい一番の理由は、ビジネスマナーを受け終わっていると考える企業が多いことです。社会人1年目は、業界に関係なく、多くの企業共通で基本的なビジネスマナーの研修があります。

 

ビジネスマナーの研修は、就職先の業界に関係ない割に、時間とお金がかかることが多いと言われています。第二新卒の方は、ビジネスマナー研修を終えていると考えられているので、企業側は専門的な研修から入れると考えています。

 

また、元の会社に染まっていないというのも人気のひとつになります。長年同じ会社に籍を置くと、その会社の理念や仕事のやり方に染まってしまうことが多くなります。転職の際に、企業側としては、元の会社のやり方や業界の固定観念に捕らわれていない人材の方が採用しやすいと言われています。

 

得する場合の20代の転職は?

20代で仕事を辞めたいと思い、転職した場合の利点はあるのでしょうか?ここでは、20代の転職について、得することを考えていきます。

 

20代の転職で得する場合は、業界を変える場合です。理由は単純ですが、元の業界の固定観念に捕らわれていなく、仕事のやり方にも染まっていないからです。

 

さらに、ビジネスマナーがある程度完成されているので、新しい業界の専門的な研修から入ることができます。したがって、異業種に転職を考えている場合は、20代が圧倒的に得をすると考えられます。

 

また、同業種でキャリアアップを目的とした転職の場合は、20代後半が得をする場合が多いです。どの業種でも、3年間は仕事の基礎を作るのにかかると言われています。

 

つまり、3年間で仕事の基礎を構築して、そこから応用のスキルを覚えていくので、同業種の転職は、20代後半が得すると考えられます。実際、中途採用を行っている企業には「経験3年以上」という条件が付けられていることが多いです。

 

20代の転職は損する場合もある!

20代で転職する利点を紹介しましたが、損する場合もあります。20代で仕事を辞めたいと考えた時は、リスクも考えなくてはいけませんので、注意してください。特に、入社3年未満で仕事を辞めたいと思っている方は、損する可能性が高くなります。

 

20代の転職で損するのは、印象です。20代の転職者を好む企業も多くなってきていますが、日本では「年功序列」の考えが根強く浸透しています。まだ「年功序列」の考えが残っている企業も多いので、3年未満に転職を考えた場合は、忍耐強さや我慢強さに欠けていると思われてしまう可能性があります。

 

また、入社3年未満の状態では、業界の専門的な研修が受けられていない可能性があります。入社3年未満で仕事を辞めるということは、ビジネスマナーや業界の基礎的な部分しか知らない状態で仕事を辞めてしまうことになります。

 

20代で転職しようと考えると、上記で紹介したようなリスクもあることを覚えておいてください。仕事を辞めたいと思ったときは、一度慎重に考えることをおススメします。

 

まとめ

20代で仕事を辞めたいときについてまとめてきました。20代で転職するのは、メリット・デメリットがあります。特に、入社3年未満で仕事を辞めたいと思ったときは、一度冷静に考える必要があると思います。

 

しかし、転職は、行動を起こすことが重要になりますので、いつまでも考えているわけにはいきません。転職を考えたときは、転職するときのリスクを考えて、最新の注意を払いながら行動に移す必要があると思います。

 

仕事辞めたい