仕事のミスが多いから辞めたいと思う必要はない!ミスを減らす方法

仕事のミス

仕事ミスや漏れが多い。結果的に上司や先輩に怒られてばかりで仕事を辞めたいと思う。少し深刻に捉え過ぎです。人間はどんなに注意してもミスを起こす様にできています。

 

どんなに仕事に慣れ、精通した人でもちょっとした事でミスが多くなってしまいます。そのため、これぐらいで仕事を辞めたいなどとは考えず、ミスが多い事を開き直るぐらいで臨みましょう。

 

しかし、仕事の仕方によってミスを減らす事も出来ます。今回はその方法を紹介していきたいと思います。

 

そもそもなぜミスが多いのか

ミスが多い事や漏れの多発は新入社員や会社に入って間もない人に多いとされます。なぜか?それはそもそも、ミスが起こる原因が情報不足という要因に根差しているからという理由にこそあります。

 

新しく会社に入った人が、その仕事に対しての情報に疎いのは当然でしょう。仕事に対しての知識や技術が向上するには、ある程度の慣れや経験といった時間が必要です。

 

そして、仕事のミスが多発するのは往々にしてこの「分からない状態」から発生する事が多いのです。仕事では分からない事に対して先輩や上司など慣れている人に聞いて解決しようとしますが、何も分からない状態で問題を100%解決できる質問ができるわけではありません。そしてそのまま業務を進めてしまい、漏れが合ったりする事でミスが多くなります。

 

ミスが多くなる事で上司や先輩に怒られる事にもなりますが、これぐらいで仕事を辞めたいと思うのは少しもったいないと言えます。むしろ、失敗する事で学ぶことの方が大きく、それを土台に成長していけば良いのです。少し前向きに考えるだけで、「仕事を辞めたい」という思いは吹き飛びます。

 

できるだけ細かい所まで情報を集める

それでは本題のミスが多い事を防ぐ方法についてです。

 

情報を集めるというのは上記で紹介したミスの原因を基に対策を講じた方法と言えます。仕事に対する情報が多いと、「ここはこういう書き方の方が良いな」とか「ここには注意書きを入れておかないと後でクレームになるな」など、その後の予測が立てれるようになります。

 

ミスは何らかの原因があって結果として発生するので、結果を予測できるようになると、元となる一つ一つの原因をつぶしていけるのですね。これで「ミスが多い」という事を防げると同時に、「仕事を辞めたい」という感情も起こさなくなるでしょう。

 

この情報の集め方ですが、単に「この仕事はどうやるのですか?」と聞くだけでは、仕事の流れは把握できますが、肝心の「何がミスに繋がって、何が原因となっているのか」という事までは分かりづらいのです。

 

そのため、「この業務で、過去に起こったミスとその原因を教えて下さい」と聞く事で、ミスに繋がりやすい元を知る事ができます。これは組織全体でもミス防止率が高まり、情報の共有として非常に効果的な方法です。

 

これを行うだけで相当数のミスは減り、若い時分から「仕事を辞めたい」などとは中々思わなくなるでしょう。

 

逐一メモを取る

新入社員の頃は必死にメモを取っていたが、慣れてくるとそうではなくなった、という方は多いのではないでしょうか。しかしミスを防止するには、慣れてくるほどメモは大切になります。そしてメモ帳やダイアリーなどは必携です。

 

なぜ慣れてくるほどメモが大切なのか?それは、仕事に慣れるほど仕事量が多くなる事に起因します。仕事量が多くなれば当然、時間や効率性を管理する必要に迫られますが、頭の中だけで整理をしているとワケが分からなくなります。そこで、自分の持っている仕事の内容を簡単にメモ帳や手帳に記載していくのです。

 

この時の仕事は、どんなに細かい内容でも記載しておくことが重要です。例えば、コピー用紙の補充や言づてなどもそうです。逐一仕事の内容をメモに取り、終わったものを消していく事で漏れやミスがなくなります。

 

また、この方法は自分の時間管理やタスク管理にも繋がり、仕事の効率化にも大きく貢献します。もし、残業が多くて心身ともに疲れ「仕事を辞めたい」と思っている方がいれば、一度この方法を試してみる事をおすすめします。

 

業務の効率化とミスが無くなる事で、仕事の取り組み具合は格段に向上し、結果的にストレスや疲れも抑えることが可能になるのです。仕事を辞めることではなく、頭の中だけで考える事を辞めるのです。

 

この方法だと論理的思考力も身に付き、脳も活性化されて、「辞めたい」という気持ちもどこかへ吹っ飛んでしまうでしょう。

 

仕事辞めたい