仕事を辞めたいけど転職したばかり!そんな時の選択肢と考え方

仕事を辞めたいときの転職

理想の会社と思って入社したのは良いけれど、思っていたのとは違ったという事は多々あります。しかし転職したばかり、すぐに仕事を辞めるのはいかがなものか?これは多くの方が悩む問題です。

 

しかし人間なのだから可能性は一つではない。簡単に、「仕事を辞めたい=辞める」につなげてしまうのはもったいない事です。では、そんな選択肢には一体どんなものがあるのか、そしてどの様な考え方で今後に臨めばよいのか?今回は、それぞれの選択肢ごとの対処法を紹介していきたいと思います。

 

選択肢その一「社内転職を考えてみる」

転職を希望し、求めていた企業の内定が取れる。これはそう簡単な事ではありません。世の中には、転職したいけど中々うまくいかない、という人は多いのです。転職が成功した、という事実にまずは自信を持ってみましょう。

 

転職として採用された、という事には深い意味があります。それは、新卒として採用された事とは全く異なる意味合いがあるのです。第二、第三の会社で新しい仕事に携われるのは、過去のあなたの実力や実績が評価された証拠でもあります。そしてその会社はあなたを求めているのです。

 

そのため、いざ転職をしたけれど、すぐに仕事を辞めたいという思いに陥った方は少し冷静になって考えてみることが必要になるでしょう。そもそも転職でその仕事を選んだからには何か理由があったはずです。その会社に対しても求めているものがあったのではないでしょうか。

 

従って、仕事を辞める=その会社を辞めるという短絡的な考えをせずに、もう少しだけその仕事を頑張ってみても決して無駄にはなりません。転職には社外転職と社内転職の二つの種類が存在します。前者は会社を変える事を指しますが、後者は今勤めている会社内で違う仕事にチャレンジしてみることです。

 

この社内転職というのは、あなたが採用された時、採用側も雇用者側もお互いがお互いを気に入ったという実績を無駄にしないためのものです。採用側はあなたに能力があると見込んで期待しています。そして、仕事の種類を変えるだけで、自分の能力が発揮できやりがいが生まれる可能性もあります。

 

そのため転職したばかりだけど仕事を辞めたいという方は、まずは会社自体に不満を抱いているのか、人間関係にトラブルがあるのか、それとも仕事内容に問題があるのか、いづれかをはっきり把握してみる事から始めましょう。そして、いづれにせよ仕事の内容を変え、社内転職に挑戦してみて結果を測ります。環境が変わると、会社や人間関係に悩んでいたと思い込んでいたとしても、それが勘違いだっとと分かる場合もあります。

 

選択肢そのニ「人間関係の調整を図る」

働く上で欠かせないのが他者との人間関係、コミュニケーションです。どんな仕事でも他人と関わりのないものはありません。それだけ仕事では、能力よりも他者とうまく関わっていけるかが重要なのです。

 

転職した際と、新卒で入社した際、それぞれの人間関係は全く異なります。転職の場合、年下の上司や先輩がいる、後輩だけど常に敬語で接せられる、「こんな事は出来て当たり前」という前提がある等々、新卒にはない厳しい現実が存在していることが多いでしょう。

 

そしてその現実を見る事に慣れない内は、人間関係がうまくいかない結果「仕事を辞めたい」という感覚に陥りがちになります。

 

しかし、ここですぐに仕事を辞めるという選択肢に捉えられず、まずは現在の人間関係を見つめ直してみることが大切です。

 

「積極的に他の人に会話をしようと心掛けましたか?」

 

「自分の想いだけでなく、相手の想いにも尊重を置きましたか?」

 

「相手に対する疑問や質問が残っていませんか?」

 

「社内の人の性格や人間関係を把握していますか?」

 

もし上記の事がまだ出来ていない時は、ぜひチャレンジしてみて下さい。そして人間関係が良好になるだけで、少しぐらい会社に不満があったり、仕事が厳しかったとしても、仕事にやりがいや楽しさが生まれるものです。

 

選択肢その三「あくまで前向きに再転職を考える」

選択肢の三番目は他の会社へ再転職する事です。しかし、これは最後の手段として取っておきましょう。まず第一の選択肢、そして第二の選択肢を試してから、「これではどうしても駄目だ」という場合のみ他の仕事の選択という事を考えるべきです。なぜなら、短絡的な転職は、次も同じ経験に陥る可能性が高いからです。

 

自分が何に対して不満に思っているのかという把握力、そしてコミュニケーション能力というものは、どの会社、どの仕事にも必要となってきます。厳しい事を書きますが、「この会社は駄目だ、社員も駄目だ」と自分では何の行動も起こさないまま短絡的な感情に支配された状態だと、たとえ次に転職が成功した場合でも同じ失敗の憂き目に合うでしょう。

 

まずは、その会社で出来る事をやってみる。それでも駄目なら始めて転職を考える。この手順が重要です。そして再転職を決めたのなら、もう過去のしがらみは捨ててしまいましょう。「この仕事は自分には合わなかった」と気持ちを切り替えて、あくまでポジティブに、そして次なる挑戦に挑めば良いのです。

 

仕事辞めたい