仕事を辞めたいけど、まだ入社して1 ヶ月!そんな時の解決策3つ

仕事を辞めたい1ヶ月

たった1か月。こんな短い期間でも「仕事を辞めたい」という感情が湧き起こる。それは決してあなたに限ったことではありません。特に新卒として入った会社ではイメージと実態が違うという事は多々起こりえます。当然です。あなたには社会経験が無いのだから。

 

しかし、あなたが今後下すであろう決断は結果的にあなたの正解なのです。短期間だから悪いとか、新卒だからダメだとか気にする必要はありません。

 

今回は、短期間で仕事辞めたいという思いに駆られた人に役立つ3つの解決策を紹介していきたいと思います。ここで大切なのはどの選択肢を選んだとしても、前向きに、そしてひたむきにその選択肢を実行していくことです。

 

すぐにその仕事を辞める

1か月という短期間でも事態は深刻な場合があります。毎日長時間残業の過酷な労働を強いられる、サービス残業、あまりにも給料が安い、セクハラ、休日が少なすぎる。こうした自分の力だけでは変化を起こしづらい社内環境があった場合、その会社に留まる理由はありません。むしろ、従業員満足を考えられない会社が顧客満足など考えられるわけもなく、こうした会社は今後どんどん衰退の憂き目に合います。長く留まるほどあなたに不利になるのです。

 

「自分には向かない会社だった」とスパッと見切りをつけて飛び出してしまいましょう。自分の力で何かを変えれない所にエネルギーを集中するのは無駄です。自分の力で利益を増やす、顧客を喜ばせる、システムを作る、環境を整える。こうした事ができる仕事を見つけましょう。その方が自分の実績にもなるし、力にもなります。同じ悩むにしても、仕事のために自分は何ができるのか、そしてそれが自分にどの様な成長をもたらすのか、と前向きな悩みを持つ方が気持ち良いはずです。

 

ここでは1か月という期間は関係ありません。むしろ暗い悩みを明るくするには早ければ早いほど良いでしょう。

 

もうしばらく続けてみる

1か月で仕事を辞めたい。上記の様な悪質な社内環境の場合は別ですが、それ以外の場合は少しだけ冷静になって考える時間を作ってみましょう。まだ1か月という状態なら、それほど急いて事を決める必要もありません。

 

慣れない環境ですから最初の内は誰でも心身に悪い影響をもたらします。ストレスであり疲れであり、それだけ周りの環境に慣れようと必死なのです。

 

そして月日が経つに連れて、心も体も次第に慣れてきます。しかも仕事は長く続けると、責任の範囲も広まり、それだけやりがいのある仕事を任されるようになります。最初は地味でつまらない仕事だったものも、いざ自分に責任が付与されると誰しも今まで以上に頑張るようになります。そして頑張れば頑張るほど、結果に対する喜怒哀楽は高まるのです。

 

1か月という短期間を、今度は3か月、半年と徐々に仕事を続ける時間を伸ばしていきます。すると今まで見えなかったものも見えてくる、それが仕事の面白さでもあります。それはやりがいでもあり、知識や技術、さらには仲間との楽しい時間というかけがえのないもので返ってくるのです。

 

もし仕事を辞めたいと思った時は、まず「なぜ辞めたいのか」という理由を突き詰めて考えてみることが必要です。1か月という不慣れな環境は正常な感覚を麻痺させる場合もあります。辞めたい理由が些細な場合、時間が解決してくれる場合もあるため、「辞めない」という選択肢も十分考えられるでしょう。

 

他人の経験に触れる

仕事を辞めたいという思いに陥ってしまった場合、自分一人で悩み、そのままふさぎ込んでしまう可能性も高いと言えます。しかし、世の中には同じような悩みを抱えて困っている人が多いという現実に意識を傾けてみましょう。

 

あなたの周りには父や母、兄弟、姉妹、いとこ、友達、恋人、通っていた学校や塾の先生など数多くの人間に囲まれているはずです。更に現代ではインターネット上で、仕事に対して悩みを持つ様々な人々の意見に触れることもできます。

 

その中には、あなたと同じ悩みを持つ人が必ずいます。そして同じ様な経験をしてきた先輩方もたくさんいらっしゃいます。判断を下すのはもちろんあなた自身ですが、判断を下すためには周りからの情報は欠かせません。自分だけの価値基準や考え、経験だけに照らし合わさずに、こうした社会の実態を把握しておくことが肝要です。

 

仕事辞めたい