仕事を辞めたいのに辞められない!代表的な5つの理由と解決策

仕事を辞めたいのに辞められない

仕事辞めたいと思っていても、中々辞められない方は多くいると思います。仕事を辞めたいと思う理由が様々あるように、仕事を辞められない理由も様々あります。

 

仕事を辞めたいと思っていながら仕事を続けるのは苦痛ですよね。しかし、多くの方が、すぐに仕事を辞める決断をできるわけではありません。

 

今回は、仕事を辞めたいのに辞められないという方に多い理由とその解決策を紹介したいと思います。自分に当てはまる理由がある方は、参考にしてみてください。

 

経済的理由によって仕事を辞められない

仕事を辞めたいのに辞められない理由として、経済的理由があると思います。生活するのには、費用がかかりますので、当然の理由です。

 

経済的理由で仕事を辞められない場合の解決策は簡単です。仕事を辞めた後にかかる費用を貯蓄しておけば良いだけです。

 

仕事を辞めた後にかかる費用で考えなければいけないのは、4か月分の生活費と税金・健康保険・年金分です。税金と健康保険は、前年度の年収によって決定します。金額の一覧は、WEBで簡単に検索できますので、事前に年収を計算して、税金と健康保険にかかる費用を計算しておくと良いと思います。

 

また、会社を辞めた後は、失業保険を生活費に当てようと考えている方もいると思います。しかし、失業保険は、支給されるまで最短でも3か月と半月弱かかります。したがって、多めに見ると4か月分の生活費は確保する必要があります。

 

本当に今の仕事を辞めたいと考えているのなら、貯蓄を最優先しましょう。貯蓄が全くないという方は、仕事を辞めたいと思った瞬間から、計画的に貯蓄することが大切だと思います。

 

会社の都合(人材不足など)によって仕事を辞められない

会社に辞めたいという意思を伝えても、会社の都合によって辞められないというケースがあります。このようなケースは、意外と多いらしいです。

 

会社の都合によって辞められない場合は、書面で退職する意思を会社に提出しましょう。書面として提出するのは「退職願」ではなく「退職届」です。退職願は、会社に退職のお伺いをすることになりますが、退職届は「退職をする」という、明確な意思を表すモノになります。

 

書面として提出したモノは、大切に保管しておいてください。書面で残しておくことで、後々トラブルになったときの証拠になります。

 

また、法律上では、会社に個人の退職を止める権利がないことも覚えておきましょう。法律上では、有期雇用(雇用期間が決まっている)以外の場合は、2週間前に辞める意思を伝えれば、仕事を辞めることができるようになっています。仮に、就業規則に退職の条件が記載されていた場合でも、法律の方が上位になりますので、辞めることができます。

 

責任感から仕事を辞められない

責任感から、仕事を辞めたいのに辞められないという方もいますよね。責任感があるというのは悪いことではありません。

 

しかし、会社を辞めたいと考えた場合は、責任感を感じる必要はありません。自分のことを一番に考えましょう。

 

言い方が悪いかもしれませんが、会社を辞めたいのなら、自己中になることが一番です。責任感を感じていては、いつまで経っても仕事を辞められないです。

 

周りの迷惑を考えてしまい、仕事を辞められない

自分が会社を辞めてしまったら、会社や同僚に迷惑がかかると思って辞められない人もいます。周りの人に気を配るのは良いことですが、責任感から仕事を辞められないとき同様に、自己中になって下さい。

 

会社は、貴方が辞めたとしても機能します。仕事も同様に、貴方が辞めても、代わりの人が引き継ぎます。本当に仕事を辞めたいのであれば、自分の気持ちを最優先に考えてください。

 

仕事を辞めた後が不安で、仕事を辞められない

仕事を辞めた後が不安で、仕事を辞められないという理由も多いと思います。この場合の解決策は、現在の会社に籍を置いている状態で、転職活動を行いましょう。

 

転職活動と言えば、ハローワークに通うことや、雑誌などで探さなければいけないと思っている方もいると思います。ハローワークや雑誌などで探すのは時間や労力を使ってしまうので、中々難しいと考える方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、現在はWEB上に転職サイトが多数存在します。ほとんどの転職サイトは、希望の条件や履歴書・職歴書を登録しておけば、条件がマッチする企業を紹介してくれます。

 

転職サイトは、仕事が忙しくて転職活動ができない方や、転職先を探すことができない方におススメです。転職サイトを上手に活用して、転職先を決める方法があるということも覚えておくと良いと思います。

 

まとめ

仕事を辞めたいのに辞められないという方のために、辞められない理由と、その解決法を紹介しました。仕事を辞めるには、計画的に辞める必要があります。計画的に仕事を辞めることで、辞めた後の悩みを解消できる可能性が高くなります。

 

また、仕事を辞めるために、ある程度の知識を持っておくと、仕事を辞めた後のトラブルを回避できる可能性があります。仕事を辞めるのは、最終的に本人の意思が一番重要になります。本気で仕事を辞めたいのであれば、辞める意思を強く持つことが大切です。

 

仕事辞めたい