新卒の20代が内定を貰った企業で実践すべき4つの働き方

新卒

大学在学中から就職活動に励み念願の企業から内定を受けて社会へと旅立っていきますが、真新しいスーツに袖を通し大きな声での挨拶はどの企業にとっても気持ちのいい瞬間でもあります。
30代、40代ではない20代の新卒だからこそ陥りやすいミスや考え方、仕事へどう向き合えばよいかについて考えてみましょう。

 

20代の新卒では社会人として必須のマナーを携帯しよう

30代、40代にもなれば長年社会を見てきたことから顧客への対応や上司への接し方などが自然と身についてきますが、新卒の20代ではまず社会人として羽ばたけるように基本的なマナーを習得する事が重要です。

 

名刺の渡し方や正しい敬語を使うなどこれから仕事をしていく上で必須のスキルとなります。当然周りの先輩からも今年の新人はどうかと注目の的でありますが、挨拶や言葉遣いが出来ていればしっかりしてるなと思われるのです。

 

20代の新卒では身だしなみに注意しよう

20代では男女ともオシャレに敏感な年代でもある事から頭髪や服装、メイクなどにもこだわりを持たせたい気持ちは分かりますが、企業で働く一社会人として自覚を持つ必要があります。

 

20代の新卒はこれから先の企業の命運を担う大事な戦力であると同時に企業を映し出す鏡でもあるのです。企業ごとに就業規則で服装や頭髪などの規定は異なりますが、仕事とプライベートを切り替え20代の新卒らしい清潔感と若さを感じさせる身だしなみで仕事に望む必要があるのです。

 

1年、2年と勤続年数があがるごとに慣れから心の乱れが発生しがちですが、内定を勝ち取ったあの採用面接でのマナーや身だしなみをもう1度思い返してみるのも良いでしょう。

 

新卒の20代では経験した事の全てが後の財産に

若い頃は買ってでも苦労しなさいという言葉があるように体力的にも自信がある20代新卒では、経験した事の全てが今後の仕事や自分自身を成長させるための大きな財産となります。30代、40代の方にも同じように20代の新卒時代で多くの事を学んで現在があり、コミュニケーションの取り方や時には失敗した苦い経験などを経て成長してきたのです。

 

20代の新卒に掛けてあげる言葉を1つ挙げるなら挑戦で、初めて経験するであろう会議やプレゼン、残業や体調不良での欠勤なども含めて目の前に起こる全ての事が自分を成長させてくれる糧となるのです。

 

新卒の20代ではチャンスが多く転職も視野に

年代的にも若い20代の新卒では第2新卒と同じく将来を考えた上で転職する事もできます。一度社会に出て実務経験や人間関係を学び様々な志望動機で転職を志す事は決して恥ずかしい事ではなく、30代や40代の転職よりも比較的スムーズに転職する事ができるでしょう。

 

キャリアアップ、仕事に対するやりがい、給与や勤務時間などの待遇面などから転職を目指しますが、20代の新卒のうちに将来を見据え転職を志す事は、言わばよくぞ決断してくれたと褒めたたえるべき事となり転職で自分を変えられる可能性を無限に秘めているのが20代の新卒なのです。

 

仕事辞めたい