新卒で仕事場を変えられるのはいいことも悪いこともある

新卒

新卒で入社して、ある程度期間が経過した時に仕事場を変えられたり、異動を突然受けてしまうなどの問題は、実はいいことも悪いこともあります。会社が経験を積ませたいと思っている場合もありますが、単に力になれないと判断して、別の場所で仕事をさせるケースもあるので、どういった状況で起きているのかを知ることが大事です。

 

単に経験を積ませるだけなら同じ部署の範囲が多い

会社によっては、経験を積ませるために仕事場を変更したり、新しい仕事をさせることがありますが、経験を積ませるためには同じ部署で行うようにしています。部署内で違う仕事をさせてみることで、休んでいる人が出た時に対応できるようにするためです。同じ部署内で行われている仕事であれば、新卒でもいいイメージで変更されているだけですから、問題なく仕事をしても大丈夫です。

 

これは経験を増やすことによって、これから戦力として更に使えるようにするための方法です。明らかに悪いイメージで変更されているのではないので、仕事をしやすいと感じることが多くなります。また多くの経験を積んでいることで、その部署でかなり多くの仕事ができるようになりますので、仕事自体の不安なども減るようになります。

 

部署が変更されているのは戦力外の可能性もある

一方で新卒で数カ月後に部署を変更することになる場合、これは戦力外と判断されていることもあります。高卒であればそこまで大きなことを行いませんが、大卒の場合はすぐに変更することもあります。戦力にならないと判断されて、他の部署で仕事をさせるようにしているケースも多々あるので、そのことを理解して仕事に取り組むことです。

 

もし自分が悪いと思っているなら、仕事の方針を変更するなど、気持ちの面で変えていくしかありません。

 

戦力にならない人を、いつまでも同じ部署で仕事をさせても意味がないと判断され、大手企業などを中心に突然異動させられることも珍しくありません。新卒でそうした状況になってしまう場合は、これから仕事をなんとしても覚えて、長期間戦力になるように仕事をしていかないと、更に悪い部署へ異動させられることもあります。中には仕事自体がかなり変わることもあります。

 

1度経験したあとでいいことか悪いことか判断する

最初のうちはわからないことばかりで、異動自体が良いものと勘違いしているかもしれませんが、徐々に悪い部署であることがわかるようになり、扱い自体も悪くなってしまう可能性があります。1度経験したあとで、この異動がいいことなのかを判断しながら、新卒後の仕事に活かしてください。

 

1年以内に部署が変わってしまうような場合、かなり問題を抱えていると思われていて、色々なところで待遇の違いが生まれるようになります。場合によっては相当悪い部署まで格下げする対応を取る場合もありますので、気持ちから変えて仕事をしていかないと、今後さらなる問題に直面します。戦力として期待できるような、そうした人であることを示し続けることも大事です。

 

仕事辞めたい