新卒が長期間続けられる仕事を選ぶために必要な3つの要素

新卒

長期間仕事をすることを考えているなら、まずは仕事ができる環境を考えていくことです。狙っている業種で仕事ができればいいですが、狙っているところでも環境が悪くなっていると、あまりいい仕事ができないこともあります。新卒でも長期間続けられるような仕事を選ぶためには、幾つかの要素を知っていることが大事です。

 

続けやすい仕事なのか把握する

求人を見て、詳細な情報まで知ってから面接を受けることが大事になっています。そもそも新しく採用してくれるので、1から教育しないと駄目なことはわかっています。

 

ある程度できる仕事があるのかどうかを踏まえて選ぶことが大切になっていて、自分が続けられそうだと感じられること、3年位は続けられるかなと思える仕事先を選ぶようにしてください。10年20年仕事ができるかどうかは、最初の数年にかかっているので、この数年でしっかり仕事ができるのかも重要になります。

 

基本的に数年間仕事をしていると、嫌になってしまうことがいくつか出てきますが、その嫌な部分よりもいいところを見つけられるように、求人や会社見学などで把握することも大事です。特に見学をしていることは、会社の人がどのような仕事をしているのかもわかるようになり、雰囲気などを知ったことで新卒の求人選びの参考にできます。

 

仕事意欲を持つことのできる業種かを知る

次に意欲を持ち続けることができる業種か考えていきます。学校を出てから仕事を行うために、新卒の求人は狙っているような業種を考えていることが多いです。ただ求人が出ていないような仕事先もあるので、求めているような仕事先と違うような状況になってしまうことも多々あります。出来る限り狙っている業種を考えつつ、もし狙っているところがないなら別の業種も含めて検討してください。

 

ある程度広い範囲で考えていかないと、思っていたような求人を見つけることが出来なかったり、狙っている業種でもかなり待遇の悪いところを選んでしまいます。待遇が悪くなってしまう点は、非常に仕事をしづらいと感じてしまい、数年で辞めてしまうことに繋がります。新卒の求人はかなり多く出ているので、他の業種も含めて気になるものを選び出してみることが大事です。

 

その会社で続けられるかどうか

最後に転勤などの要素がどれくらいあるのかを理解しておきます。特に下請けの会社に多くなっていることで、親会社への出向を突然言われてしまうことがあるなど、本来仕事を行いたい会社で出来なくて、新卒の求人内容と書かれていることが違うように感じて辞めてしまうケースもあります。

 

転勤などの情報については、会社がどういった立場なのかを事前に知ることでわかるようになります。意外なことですが下請けの方が転勤の可能性は高くなっていて、大企業や個別に仕事をしているような企業であればそれは殆どありません。長く同じ会社で仕事をしたいと思っているなら、転勤の確率が低いところを選ぶといいです。

 

仕事辞めたい