新卒で仕事を辞めるメリットとデメリットとは?

新卒で仕事を辞める

新卒者の場合、今までの生活とは大きな変化が起きるためなかなか仕事に馴染めない、仕事を覚えられないという状態に陥りやすくなります。それがストレスとなり仕事を辞めたいと感じるようになるわけですが、新卒で仕事を辞める場合にはメリットとデメリットがあることを正しく理解しておく必要があります。

 

新卒で仕事を辞めるメリット

新卒の場合まだ年齢的にも若いということが最大の武器となりますし、若い力を求めている新興企業などに関しては新卒で転職を考えている人を受け入れやすい体制も整っていると言えます。その為今の仕事を辞めて新興企業などに転職する人も少なくないので、若さが大きな力になると言う点では30代や40代にはない新卒ならではのメリットと言えます。

 

次に今の職場での不満やストレスからの解放という精神的な面でも非常に楽になれます。新卒で入った職場が自分に合っていない場合には、仕事自体がストレスとして重くのしかかりますので、それから解放されるだけでもかなり生活が変わると言えるでしょう。

 

転職した場合でも若いので臨機応変に対応できる、言われたことをスムーズに理解でき吸収できると言った点も新卒のメリットとなります。社会人経験が長ければ長いほど転職した際になかなか馴染めない、仕事に対して素直に対応できないことが多いので、この点においても新卒のほうが良いと言えるでしょう。

 

新卒で辞める場合のデメリット

新卒で辞めて転職する場合にはメリットだけでなくデメリットも数多く存在しています。まず新卒で辞めるということは対して社会人としての経験が無いうちに辞めてしまうので、社会人としてのスキルが圧倒的に不足していることになります。

 

この場合即戦力を求めている企業への転職は難しくなりますし、就職してすぐに辞めたことが根気が無いと判断されることも有ります。企業としては一旦雇ったのであればすぐに辞めてほしくないわけですので、新卒で辞めて転職活動をしていることがマイナスに働くこともあります。

 

次に新卒で辞める場合には転職活動を行う際の資金が不足することになります。ある程度勤務して辞めた場合には失業保険を受給できますが、新卒の場合失業保険の対象となる期間を満たしていないことが多いので、転職活動の際には収入が全くない状態になります。すぐに仕事が見つかればいいですが、なかなか仕事が見つからない場合には生活に支障をきたすことも考えられます。

 

新卒で辞める場合は計画的に

新卒で仕事を辞める場合には、仕事を辞めた後のこともしっかりと考えておく必要があります。その為辞める際には次の仕事を見つけたうえで辞めるとか、ある程度の蓄えを用意したうえで辞めるのが理想的です。

 

嫌だから今すぐ辞めるというのは計画性に欠けるので、そうならないようにしっかりと考えて生活に問題が生じないような辞め方が重要となるでしょう。若いから大丈夫とは言えない時代なので、今の社会情勢も考えて転職を試みましょう。

 

仕事辞めたい