転職で失敗しない為に気を付けたい3つの事。

転職失敗

仕事を辞めたい理由は人それぞれですが、転職をするからには成功させたいものです。しかし、転職は会社を辞めたいと思った時に勢いで辞めてしまうと失敗してしまうので、計画性のある転職で成功を手に入れましょう。

 

転職を成功させるには在職中に転職活動を行う

転職を考えた時に、会社を辞めてから活動を始めるか、仕事をしながら転職活動を行うか、悩む人も多いでしょう。会社を辞めてから仕事を探す場合、面接の時間や勤務開始日など、時間に自由が利きますので、転職先企業にとって都合は良くなります。

 

しかし、退職後に転職活動を始めるという事は、経済面でのリスクが伴います。失業給付金が支給されている間に運良く次の仕事が見つかれば安心ですが、万が一、給付期間が過ぎてしまった場合は無職のまま収入がなくなります。

 

それだけでなく、給付金は自己都合だと退職後3ヶ月は支払いがありませんので、その間は収入がありません。生活費に加え、保険や年金の支払いがあるので、貯金を切り崩す生活が続きます。

 

このような状況に陥ると、就職先をのんびり選んでいる場合ではなくなりますから、活動にも焦りが出てきます。結果、希望していない会社に入ってしまうと、長続きしないかもしれません。

 

 

次の会社に求める事がはっきりしている

転職を成功させている人の多くは、転職後に求めている条件がはっきりしています。会社の規模を落としたり、年収を下げても、海外で働きたい、というような明確な目標がある人は、その希望を必ず叶えます。本当に自分が望む条件のみを残し、諦められる条件は諦められる人は転職に成功します。

 

今より収入を上げたい、会社の規模は前と同じかそれ以上、未経験だが海外で働きたい、勤務地は東京がいい、管理職になりたい、休日出勤や残業は少ない方がいい、など譲れない条件が多ければ多いほど、決まりにくくなります。

 

今より大きなステージで実力を試したいと高い目標を掲げることは悪くありませんが、自分が譲れない条件を絞れず、転職の理由を明確に出来ないでいると、単なる我儘になってしまいます。それでは採用担当者も手を挙げないでしょう。

 

 

求人情報を得る手段を広げる

初めて転職をする時には、求人情報をどこから探してくればいいのかさえわからないという人もいるかもしれません。ハローワークに行けば求職者で溢れていますし、求人情報も沢山あります。ですが、現在ではハローワークで就職先を決めるよりも、求人サイトで検索したり、転職エージェントを利用する人が増えてきています。ハローワークの求人というだけで、信用したくなるものですが、実際には不透明な案件も含まれているので、気を付けなくてはなりません。

 

しかし、転職エージェントでは仕事をしながらの転職活動をサポートしてくれたり、表には出回っていない非公開求人の情報を持っています。転職エージェントを利用する事で、有利に転職を勧められるので、転職を考えるなら登録しておいて損はありません。

 

探す範囲を広げれば、多くの求人情報と出会えます。非公開求人には誰もが憧れる超大手企業の求人も含まれていたりするので、仕事を探す際には要チェックです。

 

仕事辞めたい