会社を辞めたい人が転職をする方法

会社を辞めたい

あなたは自分の今の仕事についてどう思いますか?仕事というものは、人生の大半を占めるものであり、生きていくために必要なものです。その仕事が毎日充実したものでないと、大変辛いですよね。会社を辞めたいと思ったときは、いっそのこと辞めたいと思うがままに会社を辞めて、転職をしてみましょう。会社を辞めたいというあなたが転職がスムーズにいく方法をお教えします。

 

転職先の仕事の情報を集める

転職を決意した後は、さっそく転職をするための準備をしましょう。あなたが興味を持っている仕事があれば、その仕事についての情報を集めてください。仕事に対する情報を持つことはとても大切です。仕事の内容を良く知らずに転職をしてしまうと、仕事へのミスマッチが生じる可能性があります。また会社を辞めたいと思うようになってしまいます。

 

仕事の内容を知るためには、転職を希望する会社の情報を集めてください。会社の情報は会社のサイトを閲覧することで集められます。また、その会社で実際に働いている人の口コミが集められているサイトもあります。ぜひ閲覧しましょう。

 

履歴書の書き方

転職をするときにも、履歴書を会社に提出する必要があります。履歴書で重要なポイントは、志望動機と自己PRです。特に自己PRでは、あなたの特技ややる気をアピールしましょう。前職があるあなたは、転職をする前に身に付けたスキルがあるはずです。ビジネスマナーだったり、コミュニケーション能力だったり、色々とあります。前職があるということは、それだけでも社会経験が豊富ということです。

 

意外と重要なのは履歴書の読みやすさです。書き損じをしてしまったときは、修正液などで訂正をせず、新しい履歴書に書き直してください。丁寧にはっきりとした字を書いて、履歴書を読む人の立場を考えてください。

 

会社のOBを紹介してもらう

やってみたい仕事が見つかっても、本当にそれがどんな仕事なのか理解出来るのは、転職をしてからでしょう。もしかすると、転職してからまた会社を辞めたいと思ってしまうかもしれません。こうしたミスマッチを防ぐためにも、会社のOBとなるべくアポイントを取ってみてください。その会社で実際に働いている人や働いていた経験がある人ならば、その会社の実態を把握しています。

 

もし会社のOBと話が出来る機会があれば、会ってみてください。そのときには失礼の無いようにスーツを着てください。話を聞いた後は、その日の内にお礼の手紙を出しましょう。

 

転職がなかなか決まらない場合はどうするか?

転職がなかなか決まらないということもあるでしょう。そういうときは、少し転職から離れて好きなことをして過ごしてください。趣味に打ち込んだり、友人と話をすることで、気持ちがリラックス出来ます。転職は不安なことも多いです。焦らずにストレスが溜まったら発散するようにしてみてください。そうすることで、転職する際により冷静な判断が出来るようになります。

 

仕事辞めたい