仕事辞めたい理由「人間関係」の対策|居場所を見直すタイミング

仕事を辞めたい理由-人間関係

仕事辞めたい理由として、理由の上位に入るのが「人間関係」。年齢が高くなるにつれて「人間関係」の理由にした体色は減少していきますが、10代の3割は「人間関係」を理由に退職します。

 

「人間関係」が理由では、親も上司も退職には納得してくれなさそうな気がしますよね。でも、本人にとっては自分の力で改善することが難しい理由です。「人間関係」を理由に会社を辞めたいと思ってはいけないのでしょうか?職場の人間関係に慣れるまで頑張った方が良いのでしょうか。

 

学校のいじめ問題は昔からありますが、最近はいじめの加害者の子供に対して、無理に通学させない解決策があります。転校をさせるのもひとつの解決策とされています。神奈川県鎌倉市の中央図書館は「つらい子は図書館へいらっしゃい」とツイッターで呼びかけました。「悩んで自殺するぐらいなら、図書館に逃げてきてね」という思いが詰まっています。

 

職場の人間関係はすぐには改善されないもの!どうすればいい?

職場は本来仲良しグループではありません。また、意地悪をするグループでもありません。職場にいる人は仕事をいっしょに行うパートナーでしかありません。だから、周囲の人を不快にさせずに、仕事をスムーズに回すために、本来他人には気遣いをする必要があります。人間関係には節度が必要です。

 

職場の人間関係が悪くても、その部署で業績があれば、会社はその部署の人間関係の悪さは見て見ぬふりをするかもしれません。その部署で仕事の成果が出ていなければ、その部署はタダの人間関係の悪い集団です。職場の人間関係はすぐには改善されないものです。

 

人間関係が悪い職場にいて「仕事を辞めたい」と感じていても、転職をためらう人がいます。理由としては「待遇が良いから」「家から近いから」「他に仕事がないから」など。

勇気を出して、不快な環境から飛び出せ!

これらの理由で退職をためらっている人は、仕事を新たに探そうと言う気持ちが薄いだけです。求人募集を出している会社だけにしか、仕事があるわけではありません。求人募集を出していなくても、興味がある会社や仕事を見つけ、自らその会社に求人の連絡をすることは可能です。

 

このように自ら行動することや考えて行動が出来ない人は、世の中や社会に対して甘えているのかもしれません。その甘えのせいで、周囲との人間関係が築けないのではないでしょうか。

 

常に誰かの役に立つ人間になるという意識が必要です。一人の力では難しければ自分を後押ししてくれる人を見つけるべきです。自分を理解してくれる人は、恐らく今の職場とは違う場所にいるでしょう。

 

新しい仕事先を見つけて、新しい人間関係を始める方法

新しい仕事先を見つけるには、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントは、無料で転職支援を行ってくれるサービスです。

 

このサービスを利用すると、転職するかしないかの相談から、面接試験対策まで、徹底的にサポートしてくれます。

 

また転職エージェントのアドバイザー達は、企業の事情も知っていますので、どんな職場・雰囲気かも教えてくれるかも知れません。

 

なので、より自分に合った新しい仕事先で仕事が始められます。この時が、人間関係をやり直すチャンスです。

 

参考:転職相談におすすめ!転職エージェントの一覧

 

 

勇気を出して、飛び出そう!

誰とも上手くやっていける人はいません。大抵の人は今の職場で我慢をしています。しかし、その我慢にも限度があると思います。自分はたまたま今いる職場で限度に達してしまった。そう考えるべきです。職場を変えてもまた同じことが起こるのでは?いえ、それは職場を変えてみてから、考えるべき問題です。

 

環境は自分で変えるべきです。そして、職場やいっしょに働く人を選ぶ権利は誰にでもあります。

 

仕事辞めたい