会社を辞めたいと思った時に考えるべき事項

会社を辞めたい

近年では、大学新卒者の30%が3年以内に転職を経験する時代です。1つの会社に定年退職まで勤める事が決して美徳とは言えない時代になっています。

 

また雇用環境も比較的良く、会社を辞めたいと思っても、転職先が見つけやすい状況でもあります。

 

しかしこうした状況であるからと言って安易に退職する事も、課題と言えます。辞めたいと思った時には、退職する前に再度自問自答して考えて欲しい事項があります。ここでは、そうした事項について記載してみます。

 

会社を辞めたい真の理由とは?

あなたが会社を辞めたい理由は何でしょうか?そんな時にブラック企業だからと決めつけて、バッサリと会社を否定し、辞めたい真の理由が明確になっていないと言った事はないでしょうか、、。

 

とにかく嫌だではなく、なぜ嫌なのかをしっかりと自問自答する事が必要です。給与等の処遇面でしょうか、長時間労働等の過酷な勤務条件でしょうか、仕事自身が自分に合っていないからでしょうか、今の会社では自己成長できないからでしょうか、人間関係が上手く行かないからでしょうか、、。

 

こうした辞めたい理由を再度しっかりと考えてみましょう。1つの理由が70%で、もう1つの理由が30%と言った事もあるでしょう。そうした理由をしっかりと考え、まずなぜ辞めたいかに答えられるようにする事が必要です。

 

辞めたい理由が無理な要求と言う事はないか?

整理した辞めたい理由が、あなたの無理・無知な要望と言う事は無いかを次に考えて下さい。給与等の待遇面なら、同年齢の会社員の全国平均賃金や年収を調べ、あなたが収入が少ないと考えているのが、一部の友人との比較情報やあなたの無理な要求と言う事はないか、客観的に調べて判断してください。

 

また長時間労働等の勤務時間に関する事項が理由の場合には、月40時間程度までの残業なら決して過酷な勤務条件と言う事はありません。もちろん、残業時間に見合った賃金が支払われる事は当然ですが、、。

 

この様に辞めたい理由が、あなたの無理な要望や無知から来ているなら、転職してもあなたの要求を満たす会社など見つからない可能性があるため、このポイントはしっかりと押さえて置く必要があります。

 

辞めたい理由が時間の経過で解決する事はないか?

辞めたい理由が、人間関係の場合などでは、少し我慢して時間が経過すれば解決する場合も考えられます。例えば、転勤して来た上司が嫌でたまらないと言った場合、その上司がいつまでもあなたの上司であり続けるものではなく、上司がどこかに転勤する事もあれば、あなたが転勤する事もあり、永久に上司であり続ける事は一般的には稀でしょう。

 

この様に、時間が経過すれば解決する可能性がある事が理由の場合には、もう少し我慢して様子を見ると言う選択肢は無いのかを考えて下さい。

 

自問自答してそれでも辞めるべきと言う答えなら転職を考えましょう!

先に記載した様に、なぜ辞めたいのかと言う理由を明確化し、その理由があなたの無理な要求や無知から来ているものではなく、また時間が経過しても解決する可能性が無いなら、転職を考えましょう。
理由を分析し、冷静に判断し直して、結局転職する結論になっても、その分析は転職先を選択する際に役に立ち、決して無駄ではないのです。

 

冒頭にも記載したように、定年退職まで勤め上げる事が美徳ではありませんが、キャリアアップのためと言った前向きな理由でなく転職を繰り返す事も感心できません。転職に成功し、転職であなたが幸せになる為に、転職を決断する前に上記の事項を再度考える事をお勧めします。

 

仕事辞めたい