仕事を辞めたいと思っている人がやるべき3つのこと

仕事を辞めたい

社会人の悩みで最も多いのが、仕事に関するものです。人生の中心は仕事にあると言っても過言ではなく、学生生活が終わってからは仕事をすることになります。仕事は給料をもらうための手段ですので、年金生活になるまでは一生涯行う必要があります。しかし、自身に合っている仕事に就くことができるとは限らず、辞めたいと思ってしまうことも少なくありません。

 

無理をして仕事を続けることは、精神的にも肉体的にも良いことではありません。辞めたいと思ったときは、やるべきことを行って辞めることが重要です。

 

本当に辞めたいと思っているのか?辞める必要があるのか再確認する

仕事を辞めるということは、人生という観点から見ても、非常に重要なことになります。失業手当を受給することはできますが、収入が減ってしまうことは確実です。

 

収入が減ってしまうと、生活も大幅に変更することになりますので、住居の移転なども検討しなければならない自体になります。仕事を辞めたいと思い、無計画にことを進めてしまうと、後々後悔してしまうことも少なくありません。

 

仕事を辞めたいと思っても、本当に辞めたいと思っているのか、一時的なものではないか確認するようにしましょう。辞めたいと思っている理由を再確認することで、勢いで辞めてしまうことはなくなります。仕事を辞めるということは重大だということを認識して、生活とのバランスも考えて判断することが重要です。

 

退職の準備をする

仕事を辞めたいと思っても、当日すぐに辞めることができる訳ではありません。アルバイトでは、無責任に当日辞めてしまう人も見受けられますが、社会人になってこのような行為はいけません。辞めたいと思ってからは、そのために準備をする必要があります。退職する際には、上司に退職の意思を示す必要があります。

 

当日中に辞めることはできませんので、最低限1ヶ月前には退職の意思を示すようにしましょう。引き継ぎの業務も発生するので、1ヶ月ではなくできるだけ余裕を持った意思表示が重要になります。

 

転職先を探す

仕事を辞めたいと思ったとして、後悔する要素がないと判断した後は、必ず転職先を探すようにしましょう。転職先を探すときは、必ず辞める前に探すことが重要です。仮に辞めた後に探し始めるとすると、給料をもらうまでにタイムラグが発生してしまいます。失業手当の支給はありますが、収入が減ってしまうことは確実です。

 

転職先を探すときは、辞める前に行うことが重要です。タイミングとしては、辞めることが決定する前に転職先を探すと良いでしょう。辞めることが決まってから転職先を探すと、1ヶ月から数ヶ月といったように、探すことができる期間が限られてしまいます。そのままの状態で見つけることができないと、失業手当の受給になり収入が減ってしまいます。

 

転職先を見つけることができてから退職の手続きを取ることによって、収入を減らすことなくスムーズに辞めることができます。

 

仕事辞めたい