「仕事を辞めたい!」と思ったときにその理由と転職の可能性を考える

仕事を辞めたい

仕事を辞めたいと感じない人などいません。誰もが必ず壁にぶち当たり、それを乗り越えるために試行錯誤するものです。しかし今の状況が満足できないからといって、すぐに転職を考えるのはふさわしくありません。会社を辞めたいと感じて今働いている職場を離れてから間もなく、その会社が大成長を遂げたというニュースを聞くなら、大変悔しい思いをすることになります。

 

それでまずは自分は本当に転職するべき状況にあるのか、それとも今の職場に留まるべきなのかを真剣に考えなければなりません。ではどのような点を考慮すべきなのかについて、見ていくことにしましょう。

 

現在の状況について自己吟味する

まず今の職場を離れたい本当の理由は何なのかをよく吟味します。残業が多いなど、とにかく忙しい状況や、人間関係が上手くいかないことが原因かもしれません。また中には仕事内容そのものがストレスを生じさせ、体がついていかないと感じる人もいます。

 

残業が多く、とにかく忙しくて体がもたないという人は、職場の変更を打診してみることができます。このままでは長続きしないことや、自分のキャパシティーを超えていることを正直に話すのです。給料は減るかもしれませんが、このようなリクエストを承諾し、職場移動を許可してくれる企業はたくさんあります。そのため転職に踏み切る前に、まずは社内での移動を考慮するべきです。

 

人間関係の場合も同様に、率直に話すことで解決に向かうこともあります。しかしどうにもならない状況や、ひどいいじめなどが関係する場合は、転職して今の職場を離れる方がよいこともあります。そして仕事そのものがストレスであると感じ、会社を辞めたいという感情が生じた場合、まずは仕事に慣れるように努力するべきです。

 

しかしそれでもストレスが軽減されない場合は、これ以上続けていると健康を害する危険性もあるために、転職に踏み切ることが必要です。

 

こんな場合はNG

もっとやりがいのあることがしたい、自分の夢である職業に就きたいという理由で転職する人がいます。そのような人たちは自分の夢に向かって歩んでおり、きちんとした計画のもと転職活動を進めています。これは素晴らしいことです。

 

中には夢に向かってステップアップするために、転職を何度か経験している人もいます。しかしそのような人の転職は、仕事がつまらないから会社を辞めたいという理由で転職を繰り返している人とは異なります。

 

「何だかわからないけど、とにかくつまらないから会社を辞めたい」という感情がすぐに湧き上がる人は、飽きっぽい性格である可能性が強いといえます。そのような人は正当な理由で転職に踏み切るというよりは、「いつかは好条件の職場に転職できるだろう」とか「いつかは楽に稼げる会社に勤めることができるだろう」といったような軽い気持ちを抱くことも多く、ちょっとしたことを理由に転職を繰り返します。

 

このような仕方での転職は転職活動時に不利になることもあります。また面接官も経験のある人たちですから、飽きっぽい性格をすぐに見抜きます。そのためこうした感情ゆえに転職を考えている人は、今の職場に留まることがベストです。

 

仕事辞めたい