仕事を辞めたいと感じた場合に考えておきたい事とは?

仕事を辞めたい

社会人となり仕事を行うようになると、時には仕事を辞めたいと感じることも有るでしょう。仕事を辞めたいと感じた場合にはそれなりの理由が必ず存在していますので、その理由が仕事を辞めるに値するかどうかを考える必要があります。

 

仕事を辞めたい理由を考えてみる

仕事を辞めたいと感じる場合には様々な理由があると考えられます。例えば給料が安い、仕事がキツイ、人間関係に問題があると言った様なことが仕事を辞めたいと感じる理由の代表的なものとなります。しかしこれらの理由で仕事を辞めたいと感じた場合に、そのまますぐに辞めてしまう前に本当に辞めないといけない理由なのかどうかを考えることが重要となります。

 

給料に関しては自分の頑張りで対処できる場合もありますし、仕事がキツイと感じる場合も耐えられないほどのものなのかどうかを正しく判断する必要があります。人間関係に関しても自分のほうに問題が無いかも考える必要がありますし、歩み寄ることで改善できるかどうかもしっかりと考えたうえで仕事を辞めるかどうか判断する必要があります。

 

安易に仕事を辞めてしまうと後で後悔することも有りますし、逃げるように辞めた場合は新しい職場でも同じことを繰り返すことも考えられます。

 

自分の年齢も考えましょう

仕事を辞めたい場合には、自分の年齢も考慮する必要があります。まだ若い年齢であれば転職先も比較的見つかりやすいですが年齢が30代〜40代になると転職先が見つからない可能性も高くなりますし、転職した後のことも考えておく必要があります。

 

年齢をある程度経てから転職した場合、定年退職後の退職金にも影響が出てきますので、仕事を辞めたい理由が安易なものであれば辞めるのを一旦考え直すのも選択肢の一つとなります。

 

新卒で就職した場合も仕事に馴染めず辞めたいと考えやすいですが、新卒の場合はすぐに辞めてしまうことで社会人としての信用も失われる場合があるので、今の現状を正しく把握して辞めないと自分がダメになりそうな場合以外は辞めるかどうかを再度考えるほうが良いでしょう。

 

辞めるのは簡単、再就職は難しい

今の仕事を辞めるのは非常に簡単ですし、法律的にも辞める自由があるので法律に則り退職することが出来ます。しかし辞めた後の再就職は非常に難しいですし、再就職した会社よりも今までいた会社のほうがよかったと感じることも少なくありません。

 

その為会社を辞めたいと感じた場合には現状を改善できるかどうかをまず模索して、それでもだけなら転職先を見つけてから辞める、もしくは辞めた後の転職活動に支障が出ないような準備をしたうえで辞めることがポイントとなります。

 

何も考えずただ辞めると後の生活に困ることにもなるので、仕事を辞めたい場合にもきちんと計画を立てて辞めることが望ましいと言えるでしょう。辞めなくて済むのであればそれに越したことは無いので、しっかりと考えて答えを出しましょう。

 

仕事辞めたい