仕事を辞めたい場合の立ち振る舞い

仕事を辞めたい

会社勤めを続けていると、人間関係や会社の方針、賃金体系の不満などから仕事を辞めたいと思うことは多くの人が経験していると思います。本当に辞めたいと思っているのなら正しい立ち振る舞いをしなければ事態は良からぬ方向に進みかねません。

 

そんな仕事を辞める為に注意すべきことについて少し考えてみましょう。

 

社内の人間への相談は必要か

漠然と辞めたいと思った時に、果たしてどのような行動を取るのでしょうか。多くの人は身近な先輩や上司に相談するのでは無いでしょうか。本当に自分の味方になってくれるような人になら腹を割って話してもいいかとは思いますが、私は基本的にそのような相談は必要ないと思っています。

 

仮に、辞めるかどうかを迷っているような状態でしたら信頼のできる先輩などにアドバイスを請うことは良いことだとは思いますが、すでに辞めることを心に決めているのであれば何も相談することなんてないのでは無いでしょうか。

 

それどころか、無駄に引き止められたりする可能性だってあります。相談ではなく、同僚に軽く話したりすることも避けた方がいいでしょう。社内の関係は辞めるとなれば突然関係性がなくなるケースが多い為、軽はずみに辞めるといった発言をするとすぐに広まり、面倒なことになる場合もあります。

 

辞めると決めているのであれば、辞意を上司に伝えて退職願を提出することだけで良いはずです。

 

何を言われても曲げない

一番厄介なのは、引き止められることです。仕事を辞めたい場合に避けて通れないのが上司への退職願の提出です。よっぽど不要な人間でないのであればかなりの確率でその時に引き止められるはずです。

 

現在、労働力を確保することはかなり難しくなっている状況でもあり、自分の部下がやめるとなると単純に労働力不足となり上司は困ってしまいます。さらに、パワハラ、セクハラなどやたらハラスメントが騒がれる時代でもあり部下が辞めると責任を向けられる場合もある為上司は必死に引き止めてくるでしょう。

 

この時はこれまで見せたことのないような態度を見せたり、良い条件を提示してきたりと色々な方法で退職を阻止しようとするはずです。しかし、ここで考えを変えてしまったり、考える時間を作ってしまうと相手の思うツボとなってしまいます。

 

仕事を辞めたい場合は次の仕事を決めるべし

引き止めらた時に性格的に無碍にできないと思う人に効果的な対処法は、次の仕事を決めてしまうことです。次が決まっていて退職する日にちも決まっているのであれば引き止めることはしないはずです。

 

たとえ就職が決まってなかったとして、次の仕事を決まった事にして退職願を出すことは効果があるでしょう。それが嘘だとしても誰も確認なんてしないから大丈夫です。

 

仕事を辞めたいと本当に思うのであれば、芯をしっかり持って退職の意思を伝えなければいつまでも先に伸ばされてしまい辞めれなくなる事だって可能性はあります。辞める時は何を言われても気持ちを強く持ち続ける事が必要です。

 

仕事辞めたい