仕事辞めたい理由「介護」の対策|ウソの退職理由ならNG!

仕事を辞めたい理由が介護

仕事辞めたい理由として、介護が挙げられます。ですが、介護を理由に仕事を辞めたいと言う人の中には、ウソで言っている人も多いようです。

 

誰でも仕事を辞めたいと思うときはあると思います。仕事が合わない、人間関係が合わない、仕事の割に給与が合わないなど、理由は人それぞれです。ですが入社したばかりや、知り合いの紹介で入社した場合、仕事を辞めたいとは言いにくいですね。

 

では、「親の介護のため、仕事を辞めたい」と嘘を理由に会社を退職することはどうでしょうか。結論を言えば「親の介護」と嘘をついて仕事を辞めることは止めたほうが良いです。

 

介護を理由に仕事を辞めるのはNG!その理由とは?

「親の介護」を理由に会社を退職したいと上司に申し出た場合、まず上司はあなたを引き留めます。理由は「あなたが会社にとって必要な人物だから」と言われるかもしれませんが、本音は自分の社内評価に関わるからです。

 

なので本気で辞めたいと思っている方は、一旦、転職エージェントなどのプロに相談することをおすすめします。日々、たくさんの転職者をサポートしているプロなら、上手な身の振り方をアドバイスしてくれます。また今の会社を辞めた後の、就職先も見つけることができます。

 

参考:おすすめの転職エージェントのランキング

 

 

もし、上司に相談した場合は、上司はあなたを引き留めようとします。なぜなら、部下の管理が出来ていないと会社から低評価されることを恐れているからです。また、職場の仕事が回らなくなると、仕事の調整に苦労をします。

 

そこで、上司はあなたに尋ねます。

 

「親の病状は具体的にはどうなのか?」
「今すぐ介護をしなければならないのか?」

 

上司は何とかあなたに考え直してもらないか、引き留めようとしてきます。もし、あなたの理由が嘘のときにこの上司の引き留めに対して、断固拒否出来るでしょうか?嘘をつき通すというのは非常に困難です。

 

「今すぐに会社を辞められては仕事が回らなくなる。今の職場の人たちに迷惑をかけることになるかもしれないが、それでいいのか?」と言われると、心が揺らいでしまうかもしれません。

 

「次の人が入るまで」と言われて、一旦退職を延期にさせられても、次の人がいつ入社してくるかはわかりません。後から「実はあの時の『親の介護』は嘘でして・・・」とも言いづらくなり、そのまま会社にズルズル残り続け、会社を辞められなくなってしまうかもしれません。

 

親の介護を理由に、転職するとどうなる?

仮に「親の介護」を理由に退職することが出来たとしても、仕事を探しているときに、次の会社の面接で前職を辞めた理由を面接官に聞かれます。

 

面接で「親の介護」という理由を伝えると面接官は「自分の会社も『親の介護』の理由で退職してしまうかもしれない」と考え、見送りになるかもしれません。

 

しかし、前職の退職理由を詐称すると、狭い業界の場合、どこからかあなたが退職した理由が次の転職先に伝わってしまう可能性もあります。転職先の人事担当者があなたの前職の退職理由を不審に思ったら「前の職場に確認のため、連絡をしても良いですか?」と聞いてくるかもしれません。

 

実際には、人事担当者は前の職場には連絡しないかもしれません。しかし、聞かれたときに動揺している様子を人事担当者に見られるとあなたの立場はひどく不利になります。

 

他にも「親の介護」を理由に退職した後に、街中で前の職場の人と両親といっしょにいるときにバッタリ会うと気まずくなるでしょう。声をかけられて話をしたら、両親とも気まずくなるでしょう。前の職場の人の視線を気にしながら、毎日街中を歩くのも疲れるでしょう。

 

以上の理由から、退職理由に「親の介護」も含め、嘘を使うのは止めた方が良いでしょう

 

仕事辞めたい