仕事を辞めたいけど、転職して公務員になるには?−仕事辞めたい時の実行計画

仕事を辞めたい公務員

今働いている会社や仕事を辞めたいので転職をしたいけれど、転職先が民間企業の場合は、結局今の会社と状況がほとんど変わらないのでは…と考えている人も多いでしょう。そこでおすすめしたいのが公務員への転職です。年齢制限など条件もありますが、今までの生活を転職により大きく変わることが可能です。

 

大学一般枠で受験をする

新卒で民間の企業に入り、まだ年数が浅い段階で会社を辞めたいと思った人は、新卒者と同じような扱いで公務員試験を受けることが可能です。「大卒一般枠」と呼ばれています。

 

年齢上限が高い公務員試験に比べて競争率が低い傾向があるため、公務員の転職を狙う年齢として有利と言えるでしょう。大学一般枠を利用して受験ができる公務員には「地方上級(行政系)」「地方上級(心理系)」「地方上級(福祉系)」「地方上級(技術系)」があります。

 

地方自治体によって年齢制限にばらつきがありますので、自分が受験をしたい地方自治体のHPを事前に調べて置くようにしましょう。ちなみにさらに若い人が受験する「高卒者試験」「初級区分」の試験も存在します。

 

高校を卒業後就職して間もない時期に会社を辞めたいと思った人には、まだ受験資格がある可能性がありますので、こちらも地方自治体のHPで受験資格を確認してみましょう。

 

社会人経験者枠で地方公務員試験を受ける

民間企業を辞めたいと思った人、今の仕事を辞めたいと思った人が、公務員に転職する場合、多くの人は20代中盤から後半の人ではないでしょうか。30代、中には40代の人もいるかもしれません。

 

そのような人の受け皿になるのが、「社会人経験者採用試験」です。中途採用で公務員を目指す人が、ほとんど受験をするのがこの試験です。ただし年齢要件に下限があること、勤務年数の要件を満たしていることなど条件があります。

 

つまり地方自治体によっては「30歳未満」「勤続経験5年以上」などの条件があるということです。それぞれ地方自治体のHPを見て確認をとってみましょう。民間時代の仕事の経験が活かせるという意味で、社会人経験者採用試験の受験は、転職者に最も有利な制度だと言えます。

 

勤続経験年数が長めなほど、仕事を頑張ってきた人しか受験をできない試験になります。地方自治体によっては59歳まで、つまり定年の年齢前年まで受験資格がある自治体もあります。40代や50代だからと言って、公務員への転職をあきらめる必要はありません。

 

その他の転職方法

以上一般的な公務員への転職方法を紹介しました。しかし先述した方法では公務員になれない人もいらっしゃると思います。その場合は他の転職ルートを選んでみましょう。まずは「臨時職員」や「現職職員」になるという方法です。

 

臨時職員には3年間などの期限が切られているケースもありますが、正社員への内部登用試験を受けることで、正規の公務員になることも可能です。臨時職員時代の仕事ぶりが評価されれば、それほど非現実的な方法とは言えないようです。

 

また臨時職員として仕事をしていると、突発的に技能職への採用試験が実施されることもあります。そして司法試験に合格し、裁判官か検事になれば公務員になることができます。学生時代に法律を学んでいた人などはチャレンジするのも悪くない選択肢かもしれません。

 

仕事辞めたい