家族に仕事を辞めたいと言えない時の対処法とは?−仕事辞めたい時の実行計画

仕事辞めたい家族

今の仕事にやり甲斐を感じないだけではなく、毎日が辛くて仕方がないと思っても、家族がいる為に簡単に退職できない人もいます。しかし妻に仕事を辞めたいと言えばまず「辞めないで欲しい」と言われることでしょう。

 

その為に我慢をして出勤を続けているうちに、精神的に追い詰められた末にうつ病になってしまう人も多いのです。家族に仕事を辞めたいと言えない場合にはどの様な対処法があるのでしょうか。

 

黙って辞めてしまうのは避けよう

家族に仕事を辞めたいと言えない時に、自分で勝手に会社を辞めてしまい、出勤すると偽って出かけてその辺をブラブラしている人がいます。

 

しかし図書館やネットカフェというのは意外と知り合いに出会う可能性が高く、いつかは家族にバレてしまうと思って良いでしょう。何があってもまずは仕事を辞める前に妻には相談しておくべきであり、言えない間は取りあえず在籍しておくことがお勧めです。

 

次が見つかってから辞めると言う

仕事が辛い、会社に行きたくないと思いながら無理に出勤をしていると、段々と睡眠障害や頭痛、倦怠感などの抑うつ状態になってくる人も多くいます。
行き詰ったまま仕事を続けるよりは、何か一つ目標を持ちましょう。

 

家族としては無職になって収入がなくなってしまうのが不安なのであり、ただやみくもに仕事を辞めたいと言えないのならば「転職先が見つかったら仕事を辞めようと思う」と伝えるのです。

 

妻としても収入が確保されているのならば安心しますし、本人にとっても取りあえず「辞められる」というゴールが設定されるので気持ちが楽になります。

 

自分のスキルを整理する

簡単に会社を辞められないからとずるずると仕事を続けていては、何も進展はありません。会社を辞めたいのならば、今こうしている間にも行動を取ることが大切です。

 

転職をする際に必要な職務経歴書ですが、これは自分の強みをアピールしようと思ったら、一日で作成できるものではないのです。まずは自分が今の会社でどんな仕事をしてきて、どの様なスキルを身に付けてきたのかを整理しましょう。

 

勤続年数が長い程まとめるのが大変になります。時間をかけてじっくりと作成しておくと、いざ良い転職先があった時にすぐに応募ができます。

 

転職サービスを利用する

家族に仕事を辞めたいと言えない場合、自分で先に転職先を見つけてしまって事後承諾を取るという方法もあります。最近では転職活動をする人の殆どが転職サイトや転職エージェントを利用しています。

 

特に転職エージェントは担当者が付いてその人のスキルに合った求人を紹介してくれます。登録の際に面談を受ける必要がありますが、うまくいけばその場で良い求人を紹介して貰える可能性もあるのです。

 

但し転職活動が長引くと、自宅に電話がかかってくることもあります。登録を終えた時点で家族に話しておくのがベターです。

 

黙っている方が事態が悪化し易い

夫が黙って仕事を辞めてしまった場合、妻が怒るのは「何の相談もなしに黙って決めた」ということに対してです。もちろん言えば反対はするでしょうが、「辛い」と言えば分ってくれるのがパートナーです。

 

やはりどんなに言いにくくても、妻にだけは本当のことを言っておくべきなのです。辛い時に夫婦二人で乗り越えることで、より転職や再就職できた時の喜びも大きくなります。

 

仕事辞めたい