転職で失敗しない方法:転職エージェントの面談こそ本気で!

転職エージェントの面接

どうしても転職で失敗したくないと思う人は多いはずです。ですからこれだけ転職エージェントがたくさんありますし、何社も登録している人が居るのです。

 

エージェントとのやり取りですでに転職面接は始まっていると考えてください。会社と関係の無い人だからと言って、なおざりな対応をするのは失敗の元です。

 

エージェントでコンサルタントとして働いている人は、つまりはそのエージェントでただサラリーマンとして働いている人ですよね。しかし、他のサラリーマンと少し違うのは利益を上げたいだとかよりも「人のために」と考える人が多いことですね。

 

もともとそういう「人のため」精神が少なからずあったからこそ、転職エージェントで働こう!と考えたんだと思います。

 

自分を頼りにしてくれる利用者には親身になって転職をサポートしてあげたいものですし、しかしそんな親身なコンサルタントでも、あまりに信頼のおけない利用者ではサポートの手も鈍ります

 

連絡が取れないだとか、返信が遅いなどがあれば熱心な希望者にほど「この人をサポートしてあげたい」と思うものです。転職先の会社のみならず社会では、対応の速さなどのスキルはとても重要なものです。

 

対応も遅く誠実でない人をその会社に紹介して失敗などすれば、転職エージェントへの信頼感は損なわれてしまいます。
結局、こういった転職または就職派遣業界などでは「信頼」が本当に大切なキーワードなのです。

 

電話やメールもそうですが、最もその利用者の人となりを確認出来るのが面談ですね。もちろん転職エージェントでは面談、そして面接対策も行われていて、そこでさまざまなことの判断が為されます。

 

特にマナーだとか態度だとかは重要で、まずはここで失敗せずにコンサルタントとの信頼や心を掴まなくてはなりません。コンサルタントのほうも「転職を成功させてあげたい」という心持ちですので、せめて熱意を見せることが出来ればOKですね。

 

ここでマナーだとかが重要になるのは、間違ったマナーは人に不誠実に見られてしまいがちだからです。ですから、こういった自分に不利になるようなことには気を付けておきたいものですね。

 

転職エージェントでは規模によって違いはもちろんありますが、一人のキャリアコンサルタントが多くの利用者を抱えています。そしてその利用者も複数のエージェントに登録していることも多々あります。

 

そんな中で、一人の利用者と一人のコンサルタントが密に連絡を取り合い信頼を深めることはその他多くの人と差別化出来ることを意味します。

 

この時点でエージェントにとって言葉は悪いですが「価値のある人間」だと認識出来ます。まさに人材こそが商品なわけで、当然良い商品を取引先に売りたいものです。

 

面談で真面目な人は紹介先の会社でも良い評価をもらえる可能性が高いですし、そうなると転職エージェントの評価も上がります。もし「絶対に失敗したくない!」と思った時には、自分の熱意を伝える絶好の場所である面談に真摯に取り組むことだと考えられます。

 

仕事辞めたい