転職で失敗しない方法:転職サイトからの電話やメール対応必須

転職サイトからの電話やメール

転職失敗しないようにする方法は色々とありますが、やはり最低限のマナーを守るというのが第一ではないでしょうか。

 

転職サイトを利用する人は最近多いと思いますが、そこでもマナーはもちろん必要です。ただ単純に情報収集をするというのならまだしも、本格的にサイトを利用するとなると、コンサルタントに頼るということになります。

 

メールあ電話に対応しないことの損を知れ!
コンサルタントはプロですが、それ以前に1人の人間です。相手が最低限のマナーも守らない人だったら、どう思うでしょう。この人には協力したくないと思われても、仕方の無いことだと思います。

 

ですが逆に、マナーがしっかりしている人なら、やる気もあるし応援してあげたいと思うのではないでしょうか。もちろん、えこひいきは良くないことです。ですが、コンサルタントの人だってマナーがなっている人のほうに情がいってしまうのは仕方ありません。

 

とにかく、最低限のマナーをしっかりこなすことでコンサルタントの方も協力的になりますし、失敗も少なくなり転職活動の上でも良い印象を与えられることでしょう。
とにかく、損は絶対にしません。むしろ、最低限のマナーもなっていない人は、何処かで必ず失敗することでしょう。

 

最低限のマナーで代表的なのは、電話でしょうか。対応はもちろんですが、まずは出ることも大事です。とは言っても、どうしても出られないときはもちろんあります。
それはコンサルタント側でも分かっていることです。

 

もし絶対に出られない時間帯があるのなら予め伝えておいたほうが、コンサルタント側も無理に電話をすることはないでしょう。また、かけ直す場合もしっかり理由を伝えたほうが相手も納得します。

 

ただ、言い訳がましくなっても良くないので、その際は素直に謝ったほうが印象が良いかもしれません。とにかく、出られるならしっかり出る、それが無理なら後でかけ直す、かけ直すときは理由を述べつつも言い訳にならないようにというのを心がければ大丈夫です。

 

言葉遣いに関しては、しっかり丁寧に話すことを心がけてください。

 

メールの返信はなぜ重要?どこがポイント?

次に、メールについてです。こちらは、電話よりも中々気づけないかもしれません。ただ、電話よりは返しやすいと思います。もちろん、即座に返信出来るならそれに越したことはありませんが、電話と同じくすぐに出来るとは限りません。

 

ですので、着信に気づくのが遅く、なおかつ返信も遅くなった際はしっかり謝るようにしてください。理由に関しては、いちいち説明するとコンサルタント側が面倒に感じてしまうかもしれません。

 

ですので、何回かやり取りするうちにコンサルタントのタイプを把握する必要があるかもしれません。これは、電話に関しても同じです。そこを見誤ると、転職活動が失敗するとまではいかなくても、上手くいかなくなるということは十分に考えられます。

 

転職活動を失敗したくないなら、サポートが手薄にならないようにコンサルタントと上手くやっていくことが重要になるのです。

 

仕事辞めたい