仕事辞めたいと言えない時原因と対策

仕事を辞めたいが言えない

仕事辞めたい」とは誰もが一度は思うこと。今でも「仕事を辞めたい」と思ってもほとんでの人は言えないでしょう。

 

言えずに、また、辞めずに仕事を続けている人がほとんではないでしょうか。「家族がいるから」「辞めたら生活していけないから」というお金の問題もあるでしょう。または「他にやりたい仕事がないから」「不景気で次の仕事が見つかるか、わからないから」という理由もあるでしょう。

 

いずれの場合も、次の自分のステージを見つけることが出来ないと思っていることが、仕事を辞めたいとは言えない原因です。

 

結局、歩き出さなければ何も分からないという真理!

「仕事を辞めたとしても、次に何をすれば良いのか?」「やりたいことは見つかったけど、うまくいくか自信がない」。こう考えると、今の仕事を辞めたいとは言えません。確かに「投資家になる!」と決めても、現実的に必ず儲かる保障はありません。「起業をするぞ!」と思っても成功するかはわかりません。むしろ失敗をして借金を背負ってしまうかもしれません。

 

しかし、新しいことは歩きださなければ始まらないし、歩き続けていかなければ成功はつかめません。皆さんも新卒で入った会社ですぐに仕事が出来るようになったわけではないと思います。

 

そんな人はいません。挑戦し、失敗し、反省し、考え、紆余曲折をしながら成長していったのではないでしょうか。

 

仕事を辞めたいと言えない感覚は、正しい!だが・・・

仕事を辞めたいと言えない感覚はおかしなことではありません。勇気がないということでもありません。将来のことを考え、責任感のある大人の考えであると言えます。では、仕事を辞めても心配がない環境を整えることが出来れば、「仕事を辞めたい」と言えるようになるのではないでしょうか。

 

仕事を辞めたいと言ってから次のステージを考えるのではなくて、仕事を続けながら、次のステージへの活動を始めましょう

 

例えば、副業を始めてみるとします。もちろんすぐに軌道にはのりません。1年ぐらいの長期スパンで考えましょう。副業が軌道に乗って、本業より稼げるようになれば、本業を辞めましょう。

 

本業そのものが嫌なら、答えは1つしかない!それは、転職!

本業を変えたければ、転職活動をすぐに始めましょう。転職活動は今の仕事を続けながらでも行えます。平日の就業後、土日を利用しましょう。まずは転職エージェントに登録することをオススメします。

 

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、平日夜でも比較的こちらの都合のよい時間に合わせて連絡をくれます。土日は履歴書や職務経歴書の作成、面接の回答を考えるのもよいでしょう。ちなみにキャリアコンサルタントは「仕事を辞めたいと言えない」ことも相談にのってくれます。困ったことがあれば、転職のプロに何でも相談してみましょう。

 

次の仕事が決まれば「仕事を辞めたい」と会社に言いだせるようになるのではないでしょうか。ただし、時期は考えましょう。繁忙期の場合、転職時期を延ばすように説得されたり、受け入れてくれない場合もあります。退職時期は考えて申し出るようにした方がよいでしょう。

 

仕事辞めたい