仕事辞めたい気持ちを上司に相談してはいけない3つの理由

仕事を辞めたい上司

「今の仕事は自分に向いていないのでは?もう仕事辞めたいな・・・。でも誰かに相談した方がいいのかな?」と思い、直属の上司に相談をしてしまうあなた!それはとても危険な行為です。

 

上司に仕事を辞めるか、相談してはいけない理由は3つあります。

 

上司に相談してはいけない理由@:上司に嫌われ、後々面倒に…

1つ目は、上司に嫌われる可能性があります。転職をしようか悩んでいる段階では、まだその会社に残る可能性があります。

 

上司に「仕事を辞めたいのですが・・・」なんて相談をすると、上司は、今まで面倒を見てきた部下から恩を仇で返されたような気持ちになります。

 

あなたのことを嫌いになるかもしれません。会社に残る可能性がある中、上司に嫌われたら、仕事がやりにくくなります。そして、本当に退職することになったときにも円満退社は望めなくなるかもしれません。

 

上司に相談してはいけない理由A:裏切り者の扱いされることも…

2つ目は、上司が社内で言いふらす可能性があります。自分から周囲に語り出す前に社内で噂になってしまって、もし退職せずに会社に居続けた場合、大変肩身が狭くなります。

 

周囲から自分への仲間意識が消えるかもしれません。もちろんその会社での出世の可能性もなくなります。いずれ辞めてしまう人だと思われるためです。

 

上司に相談してはいけない理由B:上司に引き留められて…

3つ目は、上司から辞めないように説得される可能性があります。部下が退職すると上司は部下の管理能力に関して、会社から低い評価を受けます。また、上司はそのまた上の上司から叱責されるかもしれません。

 

よって、自分の部下でいる限りはなんとか辞めて欲しくないと思い、説得してくるでしょう。しかし、それで残ったとしても、上司に嫌われ、社内で言いふらされるかもしれません。

 

どうして上司に相談してはいけないのか?上司の理由とは?

上司と部下は利害関係にあるので、上司は部下のためではなく、自分のために部下の退職を阻止しようとします。

 

相談の段階では「説得すれば思いとどまるかも」と上司は必ず考えるでしょう。あなたの将来のことより、自分の将来のことを心配しているだけです。よって、転職に迷っている段階では、上司へ相談することは絶対に避けましょう。

 

上司に話をするのは、繁忙期を避けた数カ月前に「会社を辞め、転職をすることにした」もしくは「次の転職先が決まっている」ことを伝えることがベストです。

 

仕事を辞めたいと思った時、だれに相談するのが正しい?

では「仕事を辞めたい」ことや「転職をしたい」ことは誰に相談すれば、具体的なアドバイスをもらえるのでしょうか。オススメは転職エージェントです。転職エージェントには、キャリアアドバイザーという転職のプロがいます。

 

 

参考:仕事を辞めたいならココを使え!人気の転職エージェント一覧

 

 

転職エージェントを使えば、転職支援のプロが転職希望者専属の担当者になってくれ、次の仕事が決まるまで面倒を見てもらえます。「転職をすべきかどうか」という相談から受付てくれますので、まずは転職エージェントのWebサイトから登録をしてみましょう

 

登録後、翌日もしくは数日後にメールでキャリアコンサルタントとの面談の申し出がきます。

 

キャリアコンサルタントは転職エージェントで働き続けている人だけでなく、様々な業界から転職エージェントに転職をしてくる人もいます。自分の希望する業界、職種の担当者もいるかもしれませんので、希望の業界、職種の話を具体的に聞く機会もあるでしょう。

 

仕事辞めたい